【感想】『あなたが私を照らすから。』番外編で描かれていた詞子と向日葵の愛にノックアウト

『あなたが私を照らすから。』番外編について語っていこうと思います。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『あなたが私を照らすから。』番外編の内容『あなたが私を照らすから。』番外編の感想詞子にとって向日葵は…最後に 『あなたが私を照らすから。』番外編の内容『あなてら。』番外編は、詞子と向日葵のゴールデンウィークについて描かれていました。 怜里や丹がゴールデンウィーク中に旅館のピンチを乗り越えている一方、穏やかな休日を過ごす詞子と向日葵。ですが、詞子と向日葵もまた、怜里や丹と同様に愛を深め合うことに。怜里や丹がゴールデンウィーク中、どういったことをしていたかは、9話と10話をチェックしてください。 9話と10話の感想も書いているので、話をおさらいする際の参考になれば幸いです。9話10話のんびりとした休日を過ごしている最中、怜里や丹が華麗な活躍をしていると知ったら、キーボードを打つ手がいつもより3倍早くなりそうだな…『あなたが私を照らすから。』番外編の感想暁恵と結稀の百合、怜里と丹の百合も良いんだけど、詞子と向日葵の百合も良いな!と感じさせる回だった。1巻の時、メロンブックスの購入特典だったリーフレットにも詞子と向日葵の百合が描かれていたのを思い出す。それを番外編で出してくるとは予想していなかったなぁ。 リーフレットを読んで、詞子と向日葵がもっと好きになった方とかどのくらいいるんだろう?詞子と向日葵が一体どういう人間なのか、2人の関係性を上手く掘り下げていたと思う。 抜群の…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』10話に描かれていた丹の忠誠心が尊いんですよ

『あなたが私を照らすから。』10話について語っていこうと思います。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『あなたが私を照らすから。』10話の内容『あなたが私を照らすから。』10話の感想怜里の選球眼嫉妬の炎をたぎらせて怜里の隣にいて良いのは丹だけ最後に 『あなたが私を照らすから。』10話の内容『あなてら。』10話は、旅館で羽を伸ばしていた怜里と丹が旅館のお手伝いをする話。 丹の怜里に対する忠誠心について掘り下げられています。『あなたが私を照らすから。』10話の感想丹が大活躍していた印象が強い。 もちろん、怜里も活躍していたし、魅力的なシーンが一杯あった。 それでも、10話の場合、丹のアクションや心理描写の方が個人的に好きだったりする。ここは、人によって異なると思いますが…『あなてら。』10話は、丹の怜里に対する熱い想いを1話丸々使った回だったと思う。怜里と丹の百合がより好きになった。 ラストに描かれていた丹の忠誠心と優しさにノックアウトされた。後、怜里のひとつひとつの所作が綺麗で笑顔も可愛い。仲居さんに丹を信頼していることを語るシーンで丹に対する信頼感もビシビシ伝わってくる。 丹と映画を見ていて寝落ちしていたのを察するに、隙を見せられるのは丹だけなんだろうなぁと。怜里の選球眼怜里が1人1人の適性を見て、旅館の業務をサポートしていたのは、見どころのひとつです。感想のところでも触れましたが、宿泊客に対応していた時の所作が本当に綺麗で怜里の魅力が活きていたのではないかなと。 …

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』9話の怜里と丹の百合がアツ過ぎた…

『あなたが私を照らすから。』9話の怜里と丹の百合にやられたので、いろいろ語っていこと思います。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『あなたが私を照らすから。』9話の内容『あなたが私を照らすから。』9話の感想怜里と丹の百合について怜里の母親が旅館を勧めた理由カモミールについて最後に 『あなたが私を照らすから。』9話の内容『あなたが私を照らすから。』9話は、怜里と丹がゴールデンウィークに山奥の旅館で羽を伸ばす話。暁恵と結稀が結稀の母親に認めてもらおうと奮起していた一方、怜里と丹にもちょっとした波乱が訪れます。『あなたが私を照らすから。』9話の感想前回と打って変わって、怜里と丹の百合をこれでもかというぐらい堪能できる回だった。怜里と丹の主従関係って良いですね!互いを思いやるところとか丹の忠誠心、怜里の優しいところや頼もしいところとたくさんの魅力が怜里と丹の百合にギュッと詰まっている。 暁恵と結稀の百合とは、違った良さがそこにある。怜里と丹にフォーカスを当てるところは、どこか新鮮に映った。 これまでは、暁恵と結稀を軸に物語が展開されていたからかな。怜里と丹の信頼関係や距離感をより魅力的に描いた回だと思う。 ラストに旅館のピンチを用意することで怜里と丹に活躍の場を与えていたのも印象的。 『あなてら。』には、尊い百合がたくさんあるんだ!と言っているような感じがした。怜里と丹の仲居姿、どんな感じになるんだろうとか続きを読みたいという意欲を上手い具合に刺激する。 こういった部分もむ…

続きを読む