【感想】『おとなりの天涯』1巻を大解剖!~その後の作品選びを添えて~

日々の日常に疲れているOLと異世界に暮らす不思議な少女とのかけがえのない日々を描いた百合漫画『おとなりの天涯』。異なる2つの世界での出来事は、2人に大きな変化を与えていく。今回は、『おとなりの天涯』1巻の感想に加え、作中登場した用語についての解説を行います。 作品に興味のある方は一度チェックしてください!【目次】基本情報『おとなりの天涯』1巻の内容『おとなりの天涯』1巻の感想『おとなりの天涯』1巻の特典『おとなりの天涯』1巻に登場した用語の解説『おとなりの天涯』を読んだ後におすすめしたい百合漫画最後に 基本情報タイトル『おとなりの天涯』1巻作者きぃやん(@keyyan)掲載誌コミックウォーカー・ニコニコ静画出版社KADOKAWA収録話数1~5話・描き下ろし発売日2021年5月27日ISBN-10404913814XISBN-13978-4049138146コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CW01201976010000_68/ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/50662配信【ブックウォーカー】etc 『おとなりの天涯』1巻の内容『おとなりの天涯』は、仕事で忙しい日々を送るOLの土屋ルノがタカラハラと呼ばれる場所に暮らすコイチという少女に出会い、タカラハラの人々や文化、暮らしに触れていく物語。コイチの出会いがルノを変え、タカラハラでの経験が普段の日常生活に大きな影響を与えてい…

続きを読む