【感想・考察】『今日はカノジョがいないから』4話~風羽子に逆らえない~

『今日はカノジョがいないから』4話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『今日はカノジョがいないから』4話の内容『今日はカノジョがいないから』4話の感想風羽子のリサーチ風羽子の「お願い」ゆにと七瀬の記念日スタメンに選ばれた七瀬ゆにの理解者最後に 基本情報タイトル『今日はカノジョがいないから』4話サブタイトル秘語作者岩見樹代子(@okome103)掲載誌コミック百合姫2021年11月号出版社一迅社発売日2021年9月18日ISBN4910137391116配信【ブックウォーカー】etc 『今日はカノジョがいないから』4話の内容『今日はカノジョがいないから』4話は、七瀬と付き合っていることを知られたゆにが風羽子にピアスホールを開けることをお願いされる話。加速していくゆにと七瀬のすれ違いと風羽子の浸食。 ゆには、風羽子に追い詰められていく…果たして、人には言えない秘密の三角関係の行く末は。『今日はカノジョがいないから』4話の感想風羽子がゆににグイグイ行く感じ、ヤバいですね。ゆにと七瀬の記念日にまで侵食していく感じ。 背中に何かが走るような感覚を覚える。ゆにが風羽子の言動にハマっていくところもヤバい。 七瀬は、一体何をしているんだ・何を言っているんだという感覚が大きくなってくる。ゆに達のひとつひとつの言動に厚みを持たせつつ、ゆに達の百合をより魅力的なものにしているなと感じた。ネクター並みにドロッと濃いけど、どこか甘…

続きを読む

【感想・考察】『今日はカノジョがいないから』3話~ゆににプライバシーなし~

『今日はカノジョがいないから』3話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『今日はカノジョがいないから』3話の内容『今日はカノジョがいないから』3話の感想部屋で1人悩むゆに楽しいはずの夏祭りゆにを見守り続ける風羽子ゆにと七瀬を乱す雪七瀬の過去最後に 基本情報タイトル『今日はカノジョがいないから』3話サブタイトル迂闊作者岩見樹代子(@okome103)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017配信【ブックウォーカー】etc 『今日はカノジョがいないから』3話の内容『今日はカノジョがいないから』3話は、ゆにと七瀬が付き合っていることを風羽子に知られる回。楽しい夏祭りもゆにと七瀬を取り巻く人間達によって…それぞれの恋心と思惑が複雑に絡み合う!複雑な恋模様がさらに加速する!!『今日はカノジョがいないから』3話の感想岩見先生の凄さが思う存分発揮されていた。ゆにの悩まし気な表情・ゆにと七瀬の百合・ゆにを見守る風羽子・スマホに映る写真の数々・気合がかった背景の数々といくつもの強みがあったと思う。ゆにの七瀬に対する想いが爆発していましたね。岩見先生の描き込み具合と百合の魅せ方は、本当に凄い。被写体をより魅力的に魅せようとしている感じがする。 『ルミナス=ブルー』の時にあったカメラという要素もスマホという形でしっかり受け継がれていますね。ゆに・七瀬・風羽子の三…

続きを読む

【感想・考察】『今日はカノジョがいないから』2話~渋谷の街に溶け込む百合~

『今日はカノジョがいないから』2話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『今日はカノジョがいないから』2話の内容『今日はカノジョがいないから』2話の感想渋谷という街懐柔されていくゆに夏目と雪のやり取りひとの気持ち風羽子の救出劇2つのピアス渋谷の看板最後に 基本情報タイトル『今日はカノジョがいないから』2話サブタイトル懐柔作者岩見樹代子(@okome103)掲載誌コミック百合姫2021年9月号出版社一迅社発売日2021年7月16日ISBN4910137390911配信【ブックウォーカー】etc 『今日はカノジョがいないから』2話の内容『今日はカノジョがいないから』2話は、ゆにと風羽子が渋谷でドキドキの初デートの様子が収録されています。夏目の知らないところで風羽子の色に染め上げられていくゆに。 ゆには、さらなる深みにハマっていく。 渋谷の灯が眩しく、そして妖しく光る。『今日はカノジョがいないから』2話の感想1話に続き、インパクトのある話をありがとうございますの一言に尽きる。ゆに・夏目・風羽子の三角関係をより複雑かつ魅力的なものになっていたと思う。 ひとつひとつの演出や風景、通行人、渋谷という街が活かされていたんじゃないかなと。全ての要素がカチッカチッとパズルのピースのようにハマっていくことでゆにと風羽子の百合がグッと引き立っていた。 無駄がなく、全てに意味があるんじゃないかと感じさせてくれる。岩見先生、マジで凄…

続きを読む