【感想・考察】『スピカをつかまえて』2話~真っ白な進路希望調査票~

『スピカをつかまえて』2話の感想とポイントになる部分について紹介します。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『スピカをつかまえて』2話の内容『スピカをつかまえて』2話の感想星璃奈の夢保健室での会話真っ白な進路希望調査票最後に 基本情報タイトル『スピカをつかまえて』2話サブタイトル春蝉とプレアデス作者織日ちひろ(@orihi_)掲載誌コミック百合姫2021年9月号出版社一迅社発売日2021年7月16日ISBN4910137390911配信【ブックウォーカー】etc 『スピカをつかまえて』2話の内容『スピカをつかまえて』2話は、星璃奈と怜子が体験入学を一緒に手伝うことが決まった回。 星璃奈は、怜子のことで悩み続けることに。サブタイトルは「春蝉とプレアデス」と1話同様、独特なものになっています。 春蝉は4~6月に出現する蝉で季節に先駆けて最も早く鳴くのが特徴的。 プレアデスはおうし座の散開星団のことです。 秋~春先にいくつもの星の集まりを観測することができます。 ギリシャ神話でオリオンが追いかけたプレイアデスと呼ばれる姉妹からその名が付いたとか。星璃奈が怜子を知ろうとする様子あるいは追いかける様子を表しているようにも。『スピカをつかまえて』2話の感想最初の夢オチのインパクトがとにかくヤバかった…星璃奈、一体何を考えているんだ…前回、ドエラいものを見てしまったので、夢に出てくるのも分からんでも。星璃奈の表情の見せ方が秀逸な感じがする。 敢えて見せないというのが良いです…

続きを読む

【感想・考察】『スピカをつかまえて』1話~一番星を捕まえるまでの軌跡~

コミック百合姫を見上げるとおとめ座が輝いているよ。6月というジャストタイミングに連載開始となった織日ちひろ先生の『スピカをつかまえて』。 頭の良いギャルと風紀委員の秘密の百合を描いており、見る者を惹き込むだけの魅力があります。今回は、『スピカをつかまえて』1話の感想に加え、その魅力について紹介します。【目次】基本情報『スピカをつかまえて』1話の内容『スピカをつかまえて』1話の感想『スピカをつかまえて』の強み最後に 基本情報タイトル『スピカをつかまえて』1話サブタイトル天球の裏側作者織日ちひろ(@orihi_)掲載誌コミック百合姫2021年8月号出版社一迅社発売日2021年6月17日ISBN4910137390812配信【ブックウォーカー】etc 『スピカをつかまえて』1話の内容『スピカをつかまえて』は、主人公の猫塚星璃奈(ねこづかせりな)と立花怜子(たちばなれいこ)の秘密の関係・葛藤などを描いた百合漫画。1話の内容をザックリ説明すると、以下の通り。星璃奈は、奨学金のために学年1位を目指すギャル。 風紀委員の怜子と服装のことでぶつかり合ったり、成績トップの座を争ったりしています。 ある日、星璃奈は怜子が見知らぬ女性とホテルに入る姿を目撃! 後日、星璃奈は怜子に見知らぬ女性とホテルに入った件について言わない代わりに学年1位の座を明け渡すよう要求。 逆に、怜子はそんな星璃奈を叱責しつつ、セックスが上手いからと言って星璃奈を黙らせます。 星璃奈と怜子の秘密の関係が今、幕を開けます。作品のテーマは、「一…

続きを読む