推している作品のキャラクターの誕生花について~『お菊さんはいちゃ憑きたい』編~

『お菊さんはいちゃ憑きたい』の主要キャラクターの誕生花について語っていきます。目次 『お菊さんはいちゃ憑きたい』の主要キャラクターの誕生花お菊さん聖 涼世最後に 『お菊さんはいちゃ憑きたい』の主要キャラクターの誕生花早速ですが、『お菊さんはいちゃ憑きたい』の主要キャラクターの誕生花を見ていきましょう!お菊さんお菊さんの誕生日は、5月8日。 5月8日の誕生花として、以下のものが挙げられます。シャクナゲ藤シャクナゲは、5月に花を咲かせます。 高山の岩場に自生しているのが特徴的。 高嶺の花という言葉が存在しますが、高嶺の花はシャクナゲのことを指していると言われています。 中々手の届かない場所に咲くのを踏まえると、高嶺の花という言葉がピッタリです。 花言葉は、以下の通り。威厳荘厳危険「威厳」や「荘厳」は、高嶺の花を感じさせる花言葉。 作中、登場するお菊さんは美しく、涼世が生きていく中でお菊さんのような人と出会える機会がどれだけあるか気になるところです。 涼世しか愛さない姿や涼世がお菊さんのような人と出会える可能性が限りなく低いであろうことを踏まえると、高嶺の花という言葉がしっくり来なくも。 お岩さんに涼世に対して危害を加えたら容赦ないと言った時の姿は、威厳がありました。「危険」という花言葉は、シャクナゲが危険な場所にあるところから。 時に怖い様子を見せる姿は、「危険」という花言葉がしっくり来ます。 愛する人を傷つけたら、どうなっても知らないと。藤も5月8日の誕生花です。 藤と言えば、『マリア様がみてる』…

続きを読む

【感想・考察】『お菊さんはいちゃ憑きたい』1巻の魅力について

この時を待っていた…オカルトとコメディを落とし込んだ百合漫画・『お菊さんはいちゃ憑きたい』の1巻を購入したので、感想・魅力・特典について紹介します。気になる方は、チェックしてください!目次 基本情報『お菊さんはいちゃ憑きたい』1巻の内容『お菊さんはいちゃ憑きたい』1巻の感想作品の魅力1巻の特典アニメイトゲーマーズ百合部限定特典とらのあなメロンブックス作品応援店まんが王あとがきに描かれていた本最後にちなみに 基本情報タイトル『お菊さんはいちゃ憑きたい』1巻作者結野ちり(@yuinochiri04)掲載誌コミックウォーカー・ニコニコ静画出版社KADOKAWA収録話数1~5.5話・あとがき発売日2022年3月19日ISBN-10404681134XISBN-13978-4046811349サイズB6(14.8x1.1x21cm)コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CW01202378010000_68/ニコニコ静画https://www.tugikuru.jp/novel/content?id=35771配信【ブックウォーカー】etc 『お菊さんはいちゃ憑きたい』1巻の内容『お菊さんはいちゃ憑きたい』は、現代最強の美少女祓い屋・聖 涼世(ひじり りょうよ)と三大幽霊の一角・お菊さんがさまざまな悪霊に立ち向かい、多くの人を救う様子を描いた百合漫画。お菊さんに振り回されつつも、お菊さんを成仏させるため、涼世は悪霊達に立ち向かいます…

続きを読む

【感想・考察】『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話で描かれた涼世の過去が切なすぎた…

『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の感想を紹介します。作品をおさらいしたり、ちり先生の作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の内容『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の感想『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の考察お菊さんが消した写真廻が涼世と一緒にいた理由人間を傷つけた霊はコミックキューンにも掲載されていたのだが最後に 基本情報 タイトル『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話サブタイトル涼世さんはまた会いたい作者結野ちり(@yuinochiri04)掲載誌コミックウォーカー・ニコニコ静画/th>出版社KADOKAWA配信日2022年1月29日コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CW01202378010000_68/ニコニコ静画https://www.tugikuru.jp/novel/content?id=35771 『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の内容『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話は涼世の高校時代の話。独りぼっちだったこと、親友・星見廻(ほしみめぐる)との出会いと別れ。 涼世が祓い屋になったきっかけが描かれています。『お菊さんはいちゃ憑きたい』5話の感想廻、お菊さんと似ているなぁと感じた。 敢えて表情を見せず、読者の想像に委ねるシーンが多いなという印象が強い。特に印象に残ったのは、涼世が廻のことだったらと言うシーン。 1つの傘の下で廻に想いを伝える姿は、恋してるなと感じさせ…

続きを読む