【感想・考察】『メールブルーの旅人』4話で描かれていた世界についての解説

まんがタイムきららキャラット2022年6月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』4話の感想に加え、作中に登場した世界について触れていきます。目次 『メールブルーの旅人』4話の内容『メールブルーの旅人』4話の感想『メールブルーの旅人』4話の解説最後に 『メールブルーの旅人』4話の内容『メールブルーの旅人』4話は、ハカセとクマノミが「画一性」の世界を探査する様子が描かれていました。 クマノミは、「画一性」の世界の住人であるワーズに体を奪われそうになったギリギリのところでハカセが救助。自分の体を作ってくれたハカセに感謝するクマノミでした。『メールブルーの旅人』4話の感想連載決定し、ハカセとクマノミは一体どんな世界を目にするのかと思い、読んだわけですが、???というのが頭に浮かびました。この世界の住人、体が…??とビックリしましたね。『メールブルーの旅人』において、いろいろな世界を目にすることができるというのは、ひとつの魅力だと思う。 場合によっては、想像の斜め上を行く世界も。 ホラー的な要素を感じた。 今回、登場した「画一性」の世界を見て、こんな世界に行くとは予想できたか!?という言葉が出てくる。こだまり先生の表現の豊かさが見れたのはもちろん、ハカセとクマノミの百合・信頼関係を垣間見えたのが良かったな。 クマノミの必死の叫びがハカセの心を響かせたのかなと思ったり。いつもは世話が焼けるハカセだけど、ここぞという時に頼りになる。 思慮深いところが見れたのも良かった点かな。後、「画一性」の世界でのやり取り…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』3話の解説

まんがタイムきららキャラット2022年5月号にゲスト連載されていた『メールブルーの旅人(エトランゼ)』の3話の感想と作中登場した舞台について触れていきます。連載決定、めで鯛。目次 『メールブルーの旅人』3話の内容『メールブルーの旅人』3話の感想『メールブルーの旅人』3話の解説最後に 『メールブルーの旅人』3話の内容『メールブルーの旅人』3話は、ハカセとクマノミが本の洞窟でえとうピリカと出会い、シレーヌシステムや本の洞窟のこと、ハカセの祖父であるジェンツーについて話をする様子が描かれていました。 別れ際、ピリカからアドレスを渡されたクマノミ。 そして、ハカセの新たにやりたい事とは一体…『メールブルーの旅人』3話の感想まずは、この一言が出てくる。連載決定おめでとうございます!!ハカセとクマノミの探査がさらに見られるというのは、単純に嬉しい。 どんな発見をするのか、何を成し遂げるのかワクワクする。肝心の3話なのですが、これまで同様に内容が奥深いし、新キャラのピリカが見ていて楽しい。 ピリカとのやり取りを見る限り、クマノミが訪れた本の洞窟に再訪するんだろうなと。 ピリカとの再会も思っている以上に早そう。本の洞窟の中にハカセのやりたいことを実現させるヒントが見つかるのかどうか気になりますね。クマノミのリアクションやツッコミも面白かった。 特に、本に囲まれて過ごしているピリカが恋人が一杯いる感じがすると言った際、「たくさん恋人がいるなんてさすがに不純だと思います」という一言は、表情も相まってインパクト大だっ…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』2話の解説

まんがタイムきららキャラット2022年4月号にゲスト連載されていた『メールブルーの旅人(エトランゼ)』の2話の感想と作中登場した舞台について触れていきます。目次 『メールブルーの旅人』2話の内容『メールブルーの旅人』2話の感想『メールブルーの旅人』2話の解説最後に 『メールブルーの旅人』2話の内容『メールブルーの旅人』2話は、クマノミが「保存」の概念をモデルにした世界でハカセの祖父が遺したとされるデータを探し求めます。 クマノミの前にきゅうカンチョウというガイドロボが「保存」の概念をモデルにした世界に保存されているさまざまな物を紹介していくことに。 ハカセとクマノミは、「保存」の概念をモデルにした世界の住人のメッセージを見て、お土産に保存食を持ち帰ります。ちなみに、前回は、1人1人が隔離された世界を旅していました。『メールブルーの旅人』2話の感想前回でも思ったのですが、いろいろ考えるのが本当に楽しいですね。 ハカセとクマノミのやり取りが『メールブルーの旅人』の一番の魅力だと思うけど、各所に散りばめられた物やクマノミが訪れる世界について想像を膨らませられるのも見どころだ。ハカセのリアクションやクマノミがハカセを起こすシーンは、クスッとさせる。 ここは、1話と同様。 後は、クマノミがハカセや作中で訪れる世界を想うところが読み手の心を温かくさせるところもブレていないのかなと。読んでて、遅いと思われるかもしれないですが、ハカセのいる世界で話が展開されている時は余白を黒くして、クマノミが各世界を訪問してい…

続きを読む