【感想・考察】『メールブルーの旅人』11話で特に良かった点と作中に触れられていた「痛み」について

まんがタイムきららキャラット2023年1月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』11話の感想を紹介します。目次 『メールブルーの旅人』11話の内容『メールブルーの旅人』11話の感想『メールブルーの旅人』11話の解説最後に 『メールブルーの旅人』11話の内容▼まんがタイムきららキャラット 2023年 01 月号 [雑誌] 『メールブルーの旅人』11話はクマノミが「学校」の情報世界を探査する様子が描かれていました。 陸希(むつき)・想良(そら)・櫂(かい)との出会い。「痛み」とは一体何か考え、限られた時間の中で青春を謳歌するクマノミ。 その様子を見て、自分がいなくなった後のクマノミについて頭を巡らせるハカセがそこに。『メールブルーの旅人』11話の感想『メールブルーの旅人』11話で特に良いなと思ったシーンは、クマノミが人と友達になれるのかと言った後、陸希がもちろんと言ったシーン。 陸希に優しい言葉をかけられたクマノミが本当に良い顔していた…あの素敵な笑顔を見られただけでもまんがタイムきららキャラットを買って良かったなと思う自分がここにいる。 予想外のところから飛び出した嬉しい不意打ちというやつだ。クマノミの人と友達になれるのかというセリフだけど、人というのはハカセのことを言っているようにも。「学校」の情報世界に登場した陸希達が可愛いのも〇。 元ネタを知っていると思わずクスリとさせる描写があったな。 学校の外は一体どうなっているのか気になったりした。 いくつもの学校が並んでいるのかなとか学生寮があるの…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』10話~上書きされる記憶~

まんがタイムきららキャラット2022年12月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』10話の感想を紹介します。目次 『メールブルーの旅人』10話の内容『メールブルーの旅人』10話の感想『メールブルーの旅人』10話の解説最後に 『メールブルーの旅人』10話の内容▼まんがタイムきららキャラット 2022年 12 月号 [雑誌] 『メールブルーの旅人』10話はクマノミがレストランがいくつも並び立つ情報世界を探査する話。 探査していく中で出会ったAIのスミレ。 スミレもまたクマノミ同様、良くしてくれる人がいた。 だけど、情報世界で過ごしていく中で記憶が…『メールブルーの旅人』10話の感想現代を取り巻く状況・問題に切り込んでいる回だなと思った。読んでいて、いろいろ感じることがあった。 ブログ読んでいて、作中に登場する評論家達は決して無関係ではないというか。感想や考察とかを書く時、考えることが本当に多い。 どこまで言うと良いのか、あの言葉なら伝わるのかなとか。 レビューって本当に難しいなと感じる時が何度もある。飲食店のレビューについても知人からいろいろ話を聞いたっけな。ECサイトをはじめ、ブログ・Twitter・Instagram・Facebook・You Tube・Tiktok・LINEとさまざまな媒体を通して、数多くのレビューを目にする。ハカセとクマノミのやり取りはもちろん、情報世界で起きる出来事ややり取りの深さは『メールブルーの旅人』におけるストロングポイントだとしみじみ感じている。 現代を取り巻…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』9話で描かれていたジェンツーとユウの選択について

まんがタイムきららキャラット2022年10月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』8話の感想を紹介します。目次 『メールブルーの旅人』9話の内容『メールブルーの旅人』9話の感想『メールブルーの旅人』9話の解説最後に 『メールブルーの旅人』9話の内容▼まんがタイムきららキャラット 2022年 11 月号 [雑誌] 『メールブルーの旅人』9話では、ハカセとクマノミがジェンツーの墓参りに行く様子に加え、墓森のくろいユウがAI化したことについて触れられていました。 人によって、AI化を選択した者と選択しなかった者がいること。 AI化によって、どのような変化があったかについて描かれていたのも特徴的です。『メールブルーの旅人』9話の感想地上の様子が描かれていたわけですが、初見の時は『ドラえもん のび太とアニマル惑星』に登場した荒廃した惑星が頭に浮かんだ。 外の汚染から身を守るために防護服を着るところとかゴミが大量にあるところとか。 地下の時と地上の時とで枠外の色を変えて、どこにいるか分かりやすく伝えていたな。 電気を消しているのを表現しているところとかも個人的には目からウロコ。9話で特に印象に残ったのがハカセが1人になっても、クマノミが優しく寄り添うところだ。ジェンツーのことを話した後、クマノミが笑顔を見せていたところとか。 可愛いなと感じたと同時に優しいなと感じた自分がここにいる。 ハカセが本音を吐露して嬉しいと本音で言っていたシーンも見どころだと思う。その他に印象に残った部分がジェンツーとユウの選択だ…

続きを読む