【感想】『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』2話~第1ターン~

『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』2話の感想を紹介します。目次 基本情報『白き乙女の人狼』2話の内容『白き乙女の人狼』2話の感想『白き乙女の人狼』2話を整理する最後に 基本情報 タイトル『白き乙女の人狼』2話漫画アジイチ(@ajiichi_nomoto)原作王月よう(@oshiroi_you)協力クマ(人狼HOUSE 代表)(@JinroHouse)掲載誌ストーリアダッシュ出版社竹書房公開日2022年6月24日配信http://storia.takeshobo.co.jp/manga/werewolf/ 『白き乙女の人狼』2話の内容『白き乙女の人狼』2話は、誰が紫音を陥れたかについて灯達が話し合いをする様子が描かれていました。灯に向けられる疑いの目。 そんな灯の危機を救ったのは、葵とさくらだった…『白き乙女の人狼』2話の感想疑惑が交錯する中にも恋心を上手い具合に入れていたなと感じた。1話に続いて、いろいろ考えていくのが楽しいなと思う。 「ああでもない」「こうでもない」とかひとつひとつのことに悩みつつ、灯達の百合を楽しめるのは強みだなと。 考えれば考える程、袋小路に迷ったりするときもあるけど、それを含めて作品の魅力ではないかと解釈している。2話で特に印象に残ったキャラクターはさくら。しっかり存在感を出しつつ、葵に対する恋心を出していたのが理由だ。 最初からもどかしい思いをしていないというのは、皆にというよりも灯と葵に向けて言っているように見えた。 トーヘンボクというのも灯だけでなく、葵に対して…

続きを読む

【感想】『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』1話~復讐に燃える白い百合~

人狼を題材にした『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』。その内容の奥深さに何度も読み返した自分がここにいます。今回は『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』1話の感想を紹介します。目次 基本情報『白き乙女の人狼』1話の内容『白き乙女の人狼』1話の感想『白き乙女の人狼』1話を整理する最後に 基本情報 タイトル『白き乙女の人狼』1話漫画アジイチ(@ajiichi_nomoto)原作王月よう(@oshiroi_you)協力クマ(人狼HOUSE 代表)(@JinroHouse)掲載誌ストーリアダッシュ出版社竹書房公開日2022年5月27日配信http://storia.takeshobo.co.jp/manga/werewolf/ 『白き乙女の人狼』1話の内容よりよい花嫁を目指すことを目的とした寄宿生の女子校・私立白蕾学園。 生徒達は3年間で純潔を失うことを許されていない。 失った瞬間、全てを奪われ、学園を追放されることに…主人公の五木灯は生徒会役員を務めつつ、七辻紫音や四谷 葵達と一緒に学園生活を謳歌していた。 だが、ある日。紫音の純潔が何者か奪われてしまう。動揺する学園内。 教員達は生徒会役員の中に紫音に手を出した者がいると言って、生徒会役員のメンバーに1時間以内に犯人を見つけ、身の潔白を証明するよう命じた。 見つけられなかったら、生徒会役員全員を退学させるという言葉を添えて。大切な人のため、灯の戦いの火蓋が切って落とされた。『白き乙女の人狼』1話の感想複雑な恋愛関係・魅力あふれるキャラクター達・一体誰が…

続きを読む