【感想・考察】『わたしはサキュバスとキスをした』3巻~表紙の考察から作品の総括まで~

一度しかないからこそ、ずっと一緒にいたいと感じた人に―『わたしはサキュバスとキスをした』3巻の感想を紹介します。 気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『わたしはサキュバスとキスをした』3巻の内容『わたしはサキュバスとキスをした』3巻の感想最後に 基本情報タイトル『わたしはサキュバスとキスをした』3巻作者白玉もち(@shira_tama_2gou)掲載誌コミック電撃だいおうじ出版社KADOKAWA収録話数15~22話発売日2022年8月26日ISBN-104049146339ISBN-13978-4049146332サイズB6(12.8x1.4x18.2cm)コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM06201888010000_68/ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/49903配信【ブックウォーカー】etc 『わたしはサキュバスとキスをした』3巻の内容『わたしはサキュバスとキスをした』3巻では、雪子がフウと正面から向き合い、重大な決断を下す様子が描かれていました。 このみが雪子とフウに対しどのようなアプローチを仕掛けるのか・このみと因縁のある希の計略・このみの過去など、見どころ盛りだくさんです。『わたしはサキュバスとキスをした』3巻の感想雪子とフウが結ばれる様子が尊かったのに加え、このみと希の騙し合いが濃厚だったのが印象的だった。 葛藤やぶつかり合い、複雑な四角関係が…

続きを読む

【感想・考察】『わたしはサキュバスとキスをした』22話に描かれていた熱について

『わたしはサキュバスとキスをした』22話で印象に残ったことがいくつかあったので、語っていこうかなと。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『わたしはサキュバスとキスをした』22話の内容『わたしはサキュバスとキスをした』22話の感想玄関での雪子とフウのやり取り雪子の本音を言った後に登場した標識フウに施された淫紋このみと希最後に 『わたしはサキュバスとキスをした』22話の内容雪子とフウが互いの気持ちをぶつけ、ずっと一緒に居続ける様子が描かれていました。愛するフウと一緒にいるため、雪子は淫紋を施すことに。『わたしはサキュバスとキスをした』22話の感想雪子とフウの熱!情熱的に愛し合う様子をこれでもかというくらい描かれていたのが印象的だった。舌・唾液・汗・熱気・火照った顔と雪子とフウから醸し出す熱が読んでいて伝わってくる。最初は優しく、ボルテージを段々上げていくことで雪子とフウの百合をより魅力的なものにしていたと思う。舌や唾液の描写とかマジでリアルだったな… 白玉もち先生の気合というかこだわりが十二分に発揮されていた。こだわりを詰め込みつつも、緻密な描写や繊細な心理描写を落とし込むところは本当に凄い!舌や汗のねっとりした感じが雪子とフウが繋がっているというのをより実感させる。 雪子がフウに淫紋を施す時、情熱的になっていたのはすれ違いがあったのも大きいのかなと。 失われた時間を取り戻したい・ずっと一緒にいたいなど、いろいろな感情が絡み合っているような気がしないでも…唇と唇・鼻と鼻…

続きを読む

【感想・考察】『わたしはサキュバスとキスをした』21話におけるこのみの選択について

『わたしはサキュバスとキスをした』21話を読んだけど、このみと希のやり取りが真っ先に浮かぶ。他にも見どころはあったけど、このみと希のやり取りのインパクトが強過ぎるんですよ。 濃厚というかドロドロというか、大嫌いなあの子をグシャグシャにするぞという感じがだな…これまでの過程があったのもより印象的に残ったのだと思う。まぁ、何というか希にふさわしい結末だったのは確かだ。 かつて、このみを狂わせた希。 そして、雪子やフウを狂わせようと考えると、このみの最高で最悪で甘い嫌がらせは希にとって最高のプレゼントとしか言いようがない。「嫌なヤツの嫌がることをするのは最高に気持ちいいよ」という言葉を実行したんだなこのみ。このみが希にした嫌がらせは単なる吸精ではない。 このみがやったことは恐らく…希に淫紋を施すこと。これ以上にないくらいの嫌がらせかつ愛情だと思う。 一度、施してしまえば、もう解除することはできない。希は生きている限り、他の人間やサキュバスに対し、このみのものだと示すことになる。このみにキスされていた時の希は最初抵抗していたけど、最後は堕ちていた。 もう、このみがいないと生きられないんだろうな。 吸精時に心身を作り変えられているような感覚を覚えた。好きと嫌いは表裏一体。 嫌いだけど、同じぐらい好きな面もあるかなと感じなくもない。嫌いだからこそ、好きだからこそ、全てを奪ってしまいたいと。 かつて、自分から全てを奪った大好きな相手なら尚更だ。全てを奪われた希は、もう誰からも何も奪えない。このみから全てを与えら…

続きを読む