【感想】『保健室はふたりきり』5話・6話で特に印象に残った部分について

『保健室はふたりきり』5話・6話の感想を紹介します。目次 基本情報『保健室はふたりきり』5話・6話の感想5話6話最後に 基本情報▼コミックフラッパー 2023年1月号タイトル『保健室はふたりきり』5話・6話サブタイトル5話:月宮みれいと朝比奈晶Ⅱ6話:野々宮ゆずと前園さくらⅡ作者ろここ(@rococomm123)掲載誌月刊コミックフラッパー2023年1月号出版社KADOKAWA・メディアファクトリーブランド発売日2022年12月5日ISBN4910138470131サイズB5配信【ブックウォーカー】etc 『保健室はふたりきり』5話・6話の感想 5話 *内容*みれいと晶が保健室に休みに行く話。 *感想*5話で特に印象に残った描写はこの辺り。 晶がノートのお礼にみれいの頭をポンとするシーン保健室でみれいが晶と一緒にいたいと照れながら言うシーンもう何組かカップリングが登場してから2周目に突入かなと感じたりしていたので、初見の時は「おっ思ったより早く再登場した」と感じた。何はともあれ、ラストに見せたみれいの表情に持っていかれたな…晶のペースで話が進んでいたのもラストの描写がより印象的なものになっていたと思う。保健の先生が登場していたけど、眼鏡美人だったな。 カップリングは一体誰なのか気になったりした。 6話 *内容*子供扱いするさくらに対し、ゆずが自分の感情をぶつける話。 *感想*ゆずのことを子供扱いしているさくらに壁ドンするゆずがインパクト抜群だった。大好きなさくらに対し、溢れんばか…

続きを読む

【感想】『保健室はふたりきり』3話・4話~生徒会役員の秘密と複雑な三角関係を同時接種~

『保健室はふたりきり』3話・4話の感想を紹介します。目次 基本情報『保健室はふたりきり』3話・4話の感想と魅力3話4話最後に 基本情報▼コミックフラッパー 2022年12月号タイトル『保健室はふたりきり』3話・4話サブタイトル3話:九条茜と美波ましろ4話:水野さつきと岡本あみ作者ろここ(@rococomm123)掲載誌月刊コミックフラッパー2022年12月号出版社KADOKAWA・メディアファクトリーブランド発売日2022年11月5日ISBN4910138471220サイズB5配信【ブックウォーカー】etc 『保健室はふたりきり』3話・4話の感想と魅力 3話生徒会長と生徒会副会長の百合を堪能できる回だった。生徒会の秘密のやり取りって良いですね…熱で保健室のベッドに眠る生徒会長の茜が生徒会副会長のましろに押し倒される瞬間は思わずドキドキした…ましろがシャツを脱がせているのを見て、「イヤイヤ、この後どうなるのよ!?」と叫びたくなってしまった。 上手い具合にインパクトを与え、読み手に大きな印象を与えていたのはポイント高い。 その後の展開に興味を惹かれた。1人で抱えがちな茜をましろが優しく気遣う姿が本当に尊い…そんな優しい一面があるからか茜にイタズラする姿が可愛く映る。生徒会長と生徒会副会長の信頼関係が光る百合だったと思う。4話とある部活における複雑な三角関係を描いた百合だった。3話でドキッとさせられつつも尊い百合を堪能した後、一体どんなサプライズが待っているのか期待して読み進めたわけですが、まさか…

続きを読む

【感想】『保健室はふたりきり』1話・2話~保健室で繰り広げられる十人十色の百合~

『保健室はふたりきり』1話・2話の感想を紹介します。目次 基本情報『保健室はふたりきり』とは何ぞや『保健室はふたりきり』1話・2話の感想と魅力1話2話最後に 基本情報▼コミックフラッパー 2022年11月号タイトル『保健室はふたりきり』1話・2話サブタイトル1話:月宮みれいと朝比奈晶2話:野々宮ゆずと前園さくら作者ろここ(@rococomm123)掲載誌月刊コミックフラッパー2022年11月号出版社KADOKAWA・メディアファクトリーブランド発売日2022年10月5日ISBN4910138471121サイズB5配信【ブックウォーカー】etc 『保健室はふたりきり』とは何ぞや『保健室はふたりきり』は保健室を舞台に可愛い女の子達が愛を育んだり、恋が始まったりする百合漫画。 オムニバス形式を採用しており、さまざまなカップリングを楽しめるのが特徴に挙げられます。さまざまな関係性・シチュエーションを1つの作品で楽しみたい方におすすめできる百合漫画です。 1話では真面目な学級委員長とサボりがちだけど大好きな人には甘々になるギャルの百合が楽しめるのに対し、2話では教育実習生と生徒の年の差百合が楽しめます。『保健室はふたりきり』1話・2話の感想と魅力1つの作品でいろいろなカップリングが楽しめるのはもちろん、保健室という場所を活かしたシチュエーションが魅力的な良い百合漫画だと思う。保健室って良いなと感じた自分がここに…1つの場所で数多くのドラマがある。 生徒はもちろん、教師や保健の先生など、いろいろな人が行き…

続きを読む