『できそこないの姫君たち』3話における七姫の顔面魔法に関する感想・考察

アンコール配信された『できそこないの姫君たち』。 今回は『できそこないの姫君たち』3話の感想・考察について語っていこうと思う。目次 『できそこないの姫君たち』3話の感想・考察最後にEnglish edition『できそこないの姫君たち』3話の感想・考察▼できそこないの姫君たち 1 (バンブーコミックス) 何はともあれ、奏に迫る七姫の笑顔がとにかく可愛すぎる!!! キラキラしているだけでなく、裏表のない七姫の笑顔。嫌いになれるわけないじゃないか!? 七姫の底なしの笑顔を見ていると、七姫を憎めないんだよなぁ… 奏の言いたいことが何となく分かる。奏がどうして七姫に惹かれたのかをストレートに表現していた話だと思う。七姫の可愛さや魅力、人間味あふれる部分が全面に押し出されていた。 自分の思う『できそこないの姫君たち』3話の魅力。人によって、感じ方が違ったりするんやろなぁ。 七姫の笑顔とそれに対する奏の反応が主な見どころ。 七姫を見ていると、愛嬌っていろいろな場面において大事だと思う。自分が対人関係を上手くやっていけるタイプじゃないからこそ、コミュニケーション能力が高い人とか何事に対しても積極的になれる人が眩しく映る。 これはとある飲食店で注文した唐揚げ定食。定員のお姉さん達の活気あふれる声とか笑顔で接している様子を見ると、また行きたくなるなと感じた。 『できそこないの姫君たち』の話をしている時に何を言ってるんだと思う方が多いかもしれない。 愛嬌1つでまたお店に行きたいとかいろい…

続きを読む

『できそこないの姫君たち』2話で描かれた奏の過去とラストにおける七姫に関する考察

アンコール配信された『できそこないの姫君たち』。 ギャルとオタクがさまざまな経験を通し、本当の意味で姫君になっていくまでの過程が描かれている。 今回は『できそこないの姫君たち』2話における描写について考察していこうと思う。 目次 『できそこないの姫君たち』2話の感想・考察最後にEnglish edition 『できそこないの姫君たち』2話の感想・考察▼できそこないの姫君たち 1 (バンブーコミックス) 『できそこないの姫君たち』2話は奏の幼少期におけるトラウマについて触れられていた。 奏がどのような幼少期を過ごしたか・奏が七姫についてどのような想いを抱いていたかについて丁寧に描かれていたのが特徴的。 七姫と奏の関係性が本格的に始まっていくことに。 『できそこないの姫君たち』2話の見どころだと感じた部分は以下の3つだと感じている。 奏の過去奏の母親の指摘奏が七姫に惹かれた瞬間 人によって見どころだと感じる部分が異なると思う。どこが良かったかについてはコメント頂けると嬉しい。 ここでは、本編の内容について少し深掘りしていくことに。 奏の過去奏の幼少期は中々にヘビーだった… 美麗の言葉を見てると、心を抉れられる… 美麗の心無い一言は奏の心をダイレクトに抉っていたのだろうな…奏の表情を見ていると、胸を締め付けられる。 幼少期に出演したお遊戯会での出来事は奏の人生に大きく影響を与えたのが分かった。 純粋な言葉が時に人の心の根っこを大きく傷つけてしまう。ゆあま先生の『君…

続きを読む

『できそこないの姫君たち』1話における七姫と奏に関する考察

ストーリアダッシュで完結した『できそこないの姫君たち』がアンコール配信されることに。 その知らせに驚きを受けた。これを機に再び『できそこないの姫君たち』のエピソードについて考えていくことにした。 今回は『できそこないの姫君たち』1話について少しばかり掘り下げていこうと思う。 目次 『できそこないの姫君たち』1話の感想・考察最後にEnglish edition 『できそこないの姫君たち』1話の感想・考察▼できそこないの姫君たち 1 (バンブーコミックス) 『できそこないの姫君たち』1話では、学校で人気者だった七姫が幸せの絶頂からどん底に叩き落され、そんな七姫を垢抜けないクラスメイトの奏が癒す話。 何はともあれ、傷ついた七姫を奏が正面で受け止め、全力で肯定する姿がイイ… 奏の真っ直ぐな感情と言えば良いのか。剥き出しな感情が輝いて見えた。 涙を浮かべる七姫の瞳が気合がかって描かれていたのも奏の表情とセリフのインパクトを強めていたと思う。 こうしてじっくり見ると、七姫と奏は似た者同士という印象を受ける。ギャルとオタク。『できそこないの姫君たち』は正反対の2人が相思相愛になるまでの過程を描いたラブストーリーだ。 どうして、奏は七姫が望んでいる言葉を発することができたのか。常識的に考えて、浮気していたヒロが非常識極まりないからと言われたらそれまでだ。それも理由のひとつ。 前述でも触れましたが、七姫と奏が似ているからこそ、奏は七姫が望んでいる言葉を発したと解釈している。自分が嫌いな相手…

続きを読む