【感想】『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)4話のゆる感想・ひまりと依の百合で見い出す日食について

▼https://amzn.to/3Usun3x 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)4話の内容サブタイトル:進展と、焦りと、静かな決意。 依のSSGIRLSへの加入とひまりの料理研究部加入について描いた話。 TVアニメ『#ささやくように恋を唄う』🌸本日5/4 第4話放送🌸第4話「進展と、焦りと、静かな決意。」テレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠 深夜2:00~ABEMA 深夜2:00~第4話は放送時間が変更になります。ご注意ください。►https://t.co/S2Xh6FOlBP#ささ恋 pic.twitter.com/ENXLBRDIH9— アニメ『ささやくように恋を唄う』公式 (@sasakoi_anime) May 4, 2024 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)4話の魅力依の想像力の高さと嫉妬心志帆・百々花の登場ひまりの部活動開始 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)4話の感想前回、作画に関する不満について吐露したけど、4話は3話に比べると良かったなと思う。気になる部分はちらほらあったけど。 えく先生の描くイラストが綺麗なのもあって、いろいろ思うことがある方が多いんだろうな。アニメの作画を担当している方とえく先生は違う人間なので、その辺は深く突っ込むのは本当は好きではないんですが。 原作もそうだけど、アニメにおいてもキャラクターを大きく見せるという点は評価できる部分だと感じている。 4話で初登場した百々花がひまりに入部してもらうためにグイ…

続きを読む

『ロンリーガールに逆らえない』6巻韓国語版の忘備録

『ロンリーガールに逆らえない』6巻の韓国語版がようやく届いたぁ!!! 届いた時、テンション上がりましたね♪ それと同時に『ロンガル』韓国語版も最終巻を迎えたんだなと思うと、少しばかり寂しい… 初回限定版の小冊子は付いていなかった。通常版と同じ仕様になっている。 日本語版と並べてみたよ。 裏表紙はこのようになっている。 裏表紙も日本語版と比較してみることに。 帯はこのようになっている。 帯の裏はこんな感じ。 彩花達の集合写真が描かれており、日本語版と異なる部分。 初版限定版のイラストカードがこちら。 『ロンガル』韓国語版を購入する楽しみの1つですね♪ 6巻の表紙と同じイラスト。彩花と空の新たな門出を祝うものに仕上がっているのが特徴的だ。 単行本と並べてみました。 イラストカードの裏はこちら。 裏表紙に載っている彩花と空のデフォルメ。同棲生活を始めた時に着ていた衣装ですね。 内容は日本語版同様、彩花達がとにかく可愛く、幸せなラストに仕上がっていた。 可能な限り最大級のハッピーエンドが描かれた6巻だった。

続きを読む

【感想・考察】『できそこないの姫君たち』13話に描かれていた奏が只々重い…

➡Click here for English edition ▼https://amzn.to/3UfVYEZ 『できそこないの姫君たち』13話の内容サブタイトル:だけどそんなのまるで 奏が七姫に下の名前で呼ぶようお願いされ、困惑する様子を描いた話。 『できそこないの姫君たち』13話の魅力別れ際に七姫を引き留め、自分の気持ちを告白する奏泉といろはの仲間入り 『できそこないの姫君たち』13話の感想奏ぇぇぇぇ!!!!!! 重い!重過ぎるよ!!! 奏が求めてるものと七姫が求めてるものが絶対違うって!? 『できそこないの姫君たち』13話の何がヤバいって奏が七姫に対して抱いているものがヤバいんですよ。 奏の求めているものは七姫にとって荷が重いというか七姫はそれを叶えられるわけないって。 アジイチ先生、女の子の心理描写の見せ方が秀逸過ぎませんか? 七姫は奏と対等の関係を望んでいるのに対し、奏は七姫に憧れのお姫様であり続けることを望んでいる。 美樹に投げかけられた辛辣な言葉が尾を引いている… 奏のセリフを見ると、七姫と対等であることを望んでるじゃん! 七姫と仲良くなりたいだけと自分に言い聞かせる奏の表情が痛々しい… 名字で呼び合う関係も十分対等だと思うんだけどなぁ。 それにしても、泉にモロ嫉妬心抱いていたよね?奏。 電車から降りようとする七姫の腕を引っ張って、降りるのを邪魔した奏は独占欲が強そうだ。 下の名前で呼ぶようお願いした七姫が奏に無理と言われた時の反応も印象に残…

続きを読む

【ゆる感想】『夜のクラゲは泳げない』4話でまひるは花音の嫁なのが分かった

『夜のクラゲは泳げない』4話の内容サブタイトル:両A面 サンフラワードールズに対抗し、まひる達が新曲を製作する話。 『夜のクラゲは泳げない』4話の魅力花音のためにシチューを作って待つまひるまひる達と衝突した後にカップティラミスを買った時の花音が可愛いJELEE渾身の新曲・MVがとにかくおしゃれ 『夜のクラゲは泳げない』4話の感想『夜のクラゲは泳げない』4話を見て分かったことがある。 まひるが花音の妻だってことが!!! まひるの優しさを心と胃袋に受けた花音が可愛い…カップティラミスを買った後の花音のデレた顔もマジでかわいいんですが!? そんな花音の心を盗んだまひるは罪深すぎる…まひるは花音からとんでもないものを盗んだもんだ。 音楽グループの楽曲製作における対立と難航だけでなく、完成した時の喜びや話題になった際におけるクリエイターの反応など、いろいろなものを盛り込んでいたのが印象的。 花音について少し分かる話に仕上がっていたのではないだろうか。花音とメロの対立・花音と雪音の対立は想像以上に根深いようだ。この辺に関しては5話以降明らかになるのかなと。 JELEEのメンバーであるまひる達が友達からファミリーに変化したのかなと思わなくもない。この辺の捉え方は人によって変わってくるだろうけど。少なくとも、花音に付き合うまひる・めい・キウイの優しさは温かみがある。JELEEのメンバー間の仲間意識が高まったのは確か。 EDの演出も良く練られていて、話の厚みを増していた。 花音の焦りや葛藤…

続きを読む

【感想】『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話のゆる感想

▼https://amzn.to/4bbZuaf 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の内容サブタイトル:告白と、戸惑いと。 ひまりが自分の抱いている「好き」と依の抱いている「好き」の違いに悩む様子を描いた話。 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の魅力依と付き合う自分の姿を頭に浮かべた時のひまりのイマジネーション屋上でひまりのメッセージを受け取った時の依の可愛さ 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の感想屋上でひまりからメッセージを受け取り、嬉しそうな表情を浮かべる依が可愛い… いろいろな意味で戸惑いを感じる回だった。正直。 個人的に作画は満足していない。 人によっては、「これで良いんだ!」「全然素晴らしいじゃないか!何に不満があるんだ!!」と言いたくなる方が多いと思う。別にそれを否定するつもりもない。人によって価値観が違うし。 2話のラストとか気合がかってるなぁとか感じたから尚更、作画が自分好みではないのが気になってしまう。わがままで申し訳ないと言いたくなる。 犬耳生やしたひまりがミキに依とのデートについて嬉しそうに話すシーンとか可愛くて良いなと思った部分もある。ひまりに好きと言われたミキも可愛いし。ここは推し補正が入っているかもしれんが。 評価に迷う回だった。

続きを読む

【感想・考察】『あさぎ色のサウダージ』5話~純愛歌~

『あさぎ色のサウダージ』5話蓮とまつりの同棲が決定したことに加え、漫画製作の方針が決まる話。 『あさぎ色のサウダージ』5話の魅力漫画を描くのに行き詰まる蓮の葛藤パスタを一緒に食べる蓮とまつり不安で押しつぶされそうになるまつりの優しさ 『あさぎ色のサウダージ』5話の感想蓮の不安をしっかり受け止めてるまつりだけど、ラストの意味深なセリフ何??? 蓮よりもまつりに大丈夫なのかと訴えかけたくなるわ!! パスタ食べるまつりもそうだけど、蓮の不安を押し潰すまつりも可愛い。 ラストのまつりはどこか泣いている感じがした。蛇口から落ちた水滴はまるでまつりの涙のようだ。地元から逃げるように上京してきたな。まつり。 1話の時もまつりは死に場所を求めてさまよっていたら、蓮と再会したという印象を受ける。 蓮の葛藤や不安に目が行きがちだけど、まつりの心に巣くう闇ないし傷痕に目が行く。 相変わらず細部の描き込みがすごい。蓮が描いたイラストの数々何よ!?あそこまで描き込むのかと言いたくなる。 パスタも美味しそう。パスタだけでなく、フォークの質感もしっかり描かれていたのに驚く。 セリフや影などでキャラクターの喜怒哀楽をしっかり表現しているのはすごいなと思う。

続きを読む

【感想・考察】『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』19話のさくらが可愛かったのだが

➡Click here for English edition 『白き乙女の人狼』19話の内容藍が人狼について調査する様子を描いた話。 『白き乙女の人狼』19話の魅力葵に恋するさくらさくらに向けられた葵の美しい表情藍が見つけた答えについて想像を膨らませることができる点 『白き乙女の人狼』19話の感想葵に恋するさくらが可愛すぎるぅぅ!!!!! 葵のことについて井澄に語るさくらがとにかく可愛い!さくらの可愛さが際立った話だったと思う。 さくらの切ない表情を見ると、胸が締め付けられる… さくらの表情のバリエーションが豊かで見ていて楽しい。 授業をエスケープする藍のことを怒るさくらも可愛い… さくらの可愛さが詰まっていたな。 さくらは紫音ポジションだと思うけど。 井澄のバックボーンについて掘り下げられていたのも印象に残る。藍が辿り着いた答えって…まさか… 人狼は誰か・この先の展開は一体どうなるのかについて考える楽しさがあるのも『白き乙女の人狼』の魅力なのかなぁと思う。 『白き乙女の人狼』19話は藍・さくら・井澄の3人にフィーチャーされた話。 藍の調査・さくらの恋心・井澄の過去について触れられている。 ここから先はスペシャルステージになりますので、お時間のある方は是非チェックしてください。 【Special Stage】 九住藍六寺井澄八原さくら最後に 九住藍藍は『白き乙女の人狼』19話における主人公。人狼は一体誰なのかという謎が藍の頭の中を支配する。 冒頭にお…

続きを読む

【ゆる感想】『夜のクラゲは泳げない』3話にフィーチャーされたキウイについて

『夜のクラゲは泳げない』3話の内容サブタイトル:渡瀬キウイ 渡瀬キウイの秘密に加え、キウイがJELEEの動画編集を担当する様子が描かれていた。 『夜のクラゲは泳げない』3話の魅力キウイが手掛けたJELEEのMVがとてもおしゃれ渡瀬キウイという人間について掘り下げている点花音のたらし 『夜のクラゲは泳げない』3話の感想EDに流れたJELEEのMVが超おしゃれだった! 予想以上にクオリティが良く、ビックリしたな… キウイにフィーチャーされた話だったけど、キウイを外の世界に連れ出すまでの流れはベタな感じだったと思う。 天の岩戸でキウイが天照大御神を連想した方が大半じゃないかな??? 文化祭でまひるがアマノウズメの役をやるシーン出てきた時、この先の展開が分かってしまうと感じた。 キウイのバックボーンについては1話の中で可能な限り触れられた回に仕上がっていた。 ここからは3話の内容についてもう少し触れていくことに。 【Extra Stage】 渡瀬キウイFLYING FOX重課金 渡瀬キウイ『夜のクラゲは泳げない』3話における主人公は渡瀬キウイ。 周囲とのズレが原因で不登校に。Vtuber・竜ヶ崎ノクスとして動画配信することで自分の居場所を探し求めていたような印象を受ける。『夜のクラゲは泳げない』3話では、自分を認めてくれる居場所や人についてフィーチャーされていた。 ネット上に居場所を求めていたのは不登校であることを詮索されないため。嘘を重ねていくたび、キウイは中々外に出れ…

続きを読む

『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)2話のゆる感想

▼https://amzn.to/4aFbGjO 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)2話の内容サブタイトル:好き、デート、そして… ひまりと依の初デート。 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)2話の魅力依が別れ際に恋心をひまりに伝える姿入浴中に依のことで悩み続けるひまりかおまりの百合 『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)2話の感想別れ際のひまりと依のやり取りが重過ぎるんですがぁ!!! ひまりと依の視点を同時に出すことで互いに複雑な感情を抱いているというのを実感できる。 ひまりが依に握りしめられた部分を触れて、依の熱を感じるところがまた… 『君と綴るうたかた』の作者でもあるゆあま先生の配信で『ささ恋』を参考にした的な話が出てきたけど、『ささ恋』と『きみつづ』はキャラクターの表情や動作を大きく見せる描写が多いなと感じなくもない。 1話の時も触れたけど、キャラクターの表情や心理描写を大きく見せる場面が頻繁に出てくる気がする。キャラクターの驚きとかが分かりやすい。 『#ささやくように恋を唄う』まもなく第2話放送開始🌸第2話「好き、デート、そして…」テレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠 1:30~ABEMA 1:30~https://t.co/j61pOimImmお楽しみに♪#ささ恋 pic.twitter.com/PyRxJFo09K— アニメ『ささやくように恋を唄う』公式 (@sasakoi_anime) April 20, 2024 ひまりの入…

続きを読む

【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』8巻における青いバラとレイの告知について考える

▼https://amzn.to/3Q9HwwZ 『私の推しは悪役令嬢。』8巻の内容教会編のラスト。 ユーが女性として生きるため、レイ・クレア・リリィ・ミシャが奔走する。 収録話数:36~40話・おまけISBN-10:4758026963ISBN-13:978-4758026963 『私の推しは悪役令嬢。』8巻の魅力ミシャとユーが全てを捨てて同じ道を進む姿収穫祭で見せる!ユーの魂の舞いクレアに膝枕してもらうレイ青乃下先生考案のオリジナルストーリーが楽しめる点充実したおまけマンガの数々 『私の推しは悪役令嬢。』8巻の感想 全てを捨て、愛する人と一緒にいる道を選んだミシャとユーが『わた推し』8巻における1番の魅力なのだと思う。 ユーの罪を自分も背負わせて欲しいと言ったミシャの胸にユーが飛び込む瞬間… ウオォォォーーーー!!!!! この瞬間を目にした時、思わず叫びたくなった。 表情は見えないけど、ミシャからユーを絶対離さないといった意志をビシビシと感じた。 ユーのいる懺悔の箱に入った時のミシャの切なげな表情が重い…重過ぎるぅ… 収穫祭におけるユーのソウルに満ち溢れた舞いも情熱的でヤバい! 魂の叫びとはこのことかと言いたくなる。 レイに成り代わったユーがミサンガを噛みちぎる時、自らを縛り付ける枷を断ち切るといった印象を受けた。 ミシャとユーは一体どのような人間なのかというのをとことん掘り下げた1冊に仕上がっていたと思う。 クレアの膝枕に幸せそうな表情を浮かべるレイも印象的だ…

続きを読む