【感想】『処刑少女の生きる道』の面白さについて考える

アニメ化が発表された『処刑少女の生きる道』。Twitterでトレンドになったり、累計が10万部を突破するなど、勢いを増している百合の一つ。そこで今回は『処刑少女の生きる道』について語っていこうかなと思います。【目次】『処刑少女の生きる道』とは何ぞや『処刑少女の生きる道』の感想『処刑少女の生きる道』のどこに面白いと感じたか最後に 『処刑少女の生きる道』とは何ぞや『処刑少女の生きる道』は「処刑人」と呼ばれる1人の少女、メノウと異世界にある国、日本から「迷い人」としてやってきたアカリの旅を描いた百合ラノベ。日本からやってきたアカリは何と時を司り、死なない体を持っています。メノウは自分の世界に災いをもたらす可能性のあるアカリを殺すため、アカリと旅に出ることに。旅を続けていく中、メノウはアカリに対して複雑な想いを抱く…そして、メノウとアカリが旅する世界にいくつもの黒い影が暗躍します。『処刑少女の生きる道』の感想面白いか面白くないかで言ったら、面白いに軍配が上がりますね。メノウとアカリの複雑な関係性を丁寧に描きつつ、メノウの心理描写や話の運び方も上手く描かれていたんじゃないかなと思う。いい意味で読み手の心を裏切り、早く続きを読みたいと感じさせてくれる。処刑人として多くの人間に愛されないでいるメノウと処刑の対象であるアカリの旅は今いる世界のしがらみから逃れるための逃避行のようにも感じた。メノウとアカリの百合は時に甘く、時に重い…多くの方が惹かれるのも納得ですね。買って良かったなと感じる1冊だった。悪人になろう…

続きを読む

【感想】『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻~これが百合のBODY&SOUL!~

―一緒にいるためには精神と肉体の繋がりをより強固にCOMIC FUZで連載されている『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』。インパクトの強い百合漫画で1巻を購入することに。今回は『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻の感想を紹介します。【目次】基本情報『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻の感想『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻の魅力最後に 基本情報タイトル『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻作者みら(@peachpulsar)掲載誌COMIC FUZ出版社芳文社収録話数1~6話発売日2021年2月1日ISBN-104832238027ISBN-13978-4832238022配信【ブックウォーカー】etc作品のテーマは「百合」・「SM」・「秘密」・「精神と肉体の繋がり」といったところかなと。『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』のストーリーを簡単に説明するとこんな感じです。主人公の澪は1歳年下の幼馴染、更紗と少しの間暮らすことに。同居開始早々、更紗の家のドアを開けると信じられない光景が広がっていた…更紗により、澪の運命は大きく変化していく!偶然、澪は扉を開けてしまったのかもしれない…『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻の感想『百合SMでふたりの気持ちはつながりますか?』1巻が面白いか面白くないかで言ったら、面白い。澪の精神と肉体が更紗に侵食されていく感じがたまらない。そして、、澪と更紗をはじめ、登場するキャラク…

続きを読む

【感想】『研究棟の真夜中ごはん』1巻~食欲をそそらせるロジックと尊さを兼ね備えた百合~

大学の研究棟で料理を通して2人の女子大学院生が仲を深めていく様子を描いた『研究棟の真夜中ごはん』。とあることがきっかけで作品を知り、コミカライズ版1巻を購入しました。今回は『研究棟の真夜中ごはん』1巻の感想と魅力について語っていきます。【目次】基本情報『研究棟の真夜中ごはん』1巻の感想『研究棟の真夜中ごはん』1巻の魅力最後に 基本情報タイトル『研究棟の真夜中ごはん』1巻原作神岡鳥乃(@kamioka_torino)漫画夏河もか(@natsukawa_moka)掲載誌コミックファイア出版社ホビージャパン発売日2021年2月1日ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/48680?track=official_trial_l2ノベルアップ+https://novelup.plus/story/938278695小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n9633fm/カクヨムhttps://kakuyomu.jp/works/1177354054889351019/ISBN-10479862411XISBN-13978-4798624112配信【ブックウォーカー】etc『研究棟の真夜中ごはん』のストーリーは以下の通りです。大学院生のうららは深夜の研究棟で翡彗(ひすい)と出会う。2人は深夜の研究棟で一緒にご飯を食べるように。さまざまな料理や出来事を通し、うららと翡彗は距離を縮めていく。『研究棟の真夜中ごはん』1巻の感想ありかなしかで言ったら、…

続きを読む

【感想】『姫神の巫女』9話~千華音の感情が爆発していた~

『神無月の巫女』のスピンオフストーリー、『姫神の巫女』。電撃マオウ2021年3月号に掲載されていた『姫神の巫女』9話が思っている以上にヤバかったので、その感想を語っていこうかなと思います。【目次】基本情報『姫神の巫女』9話の感想最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』9話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『姫神の巫女』9話は千華音と媛子のデートの様子が描かれていました。愛しの媛子と幸せな時間を過ごす千華音。 しかし、そんな千華音にとんでもないサプライズが…『姫神の巫女』9話の感想一通り読み終えて、思ったことは千華音がヤバすぎた…千華音の想いが爆ぜていた。読めば読む程、媛子のことが好きなのを実感できる。千華音の想いが重いよ…媛子のことを語る時、饒舌になっていたような気が。介錯先生の表現のレパートリーが豊富で単純に凄いの一言に尽きる。言葉の選び方とか本当に上手い。特に媛子と確かめ合いたいと千華音が感じた際にバラが散るシーンが印象的。千華音の想いや千華音と媛子がお互いの想いを確かめ合う瞬間と連動しているかのようだった。後、媛子という2文字が甘いと千華音が感じるシーンも印象的。 千華音をよりセクシーかつ魅力的にさせていたんじゃないかなと。もちろん、千華音と媛子が慈しみ合う姿は本当に尊い…見ていて、ドキッとしてしま…

続きを読む

【感想】『私を喰べたい、ひとでなし』6話~明るい顔の裏には般若の面が~

大切な家族を失ったとある少女と海のように美しくも恐ろしい少女との百合を描いた『わたたべ』こと『私を喰べたい、ひとでなし』。今回は『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想と話のポイントについて語っていきます。【目次】基本情報『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想『私を喰べたい、ひとでなし』6話の核最後に 基本情報タイトル『私を喰べたい、ひとでなし』6話作者苗川采(@naekawa_sai)掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『私を喰べたい、ひとでなし』6話は比名子の親友である美胡が汐莉に牙を剥く回。比名子の傍にずっといた美胡が本性を表します。『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想汐莉の論理が完全にジャイアンじゃんとツッコミたくなった。比名子の親友は自分の親友って…とりあえず、比名子は汐莉のモノだというのが分かった。シェイクスピアの『尺には尺を』に「オレの物はあんたの物。あんたの物はオレの物」というセリフがあるそうな。 ジャイアンの名ゼリフや『尺には尺を』については『トリビアの泉』でも取り上げられていましたね。全体を通して、美胡の怖さが引き立っていたと思う。美胡が比名子に夏祭りのあった日について問いかけるところは特に。普段、明るい雰囲気で比名子に接してくるからより怖さがだな…本当の恐怖はすぐ近くに、日常生活に潜んでいると言ったところだろうか。汐莉と美胡が静かに火花を散らす感じ、悪くない。比名子は…

続きを読む

【感想】『恋する狼とミルフィーユ』9話~鋏を振り上げろ~

己、よくも私を本気にさせたなぁァーーーー!非日常を求める女子高生と復讐に燃える可愛らしい狼のバディが大活躍する『恋ミル』こと『恋する狼とミルフィーユ』。今回、『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想と話のポイントについて紹介します。【目次】基本情報『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想『恋する狼とミルフィーユ』9話の核最後に 基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』9話作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『恋する狼とミルフィーユ』9話はアカネ&ガーネットVS天狼星姫の続きです。アカネとガーネットの連携により、天狼星姫にダメージを与えることに成功。天狼星姫の鋏に付いていた髪の毛が落ちた瞬間、天狼星姫は怒りの咆哮が上げた…勝負はこれからだ。『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想可愛さとカッコよさとクレイジーさが相まって自分は楽しむことができた。うがつ先生の描くアカネや天狼星姫がマジでカッコいい。9話の戦闘シーン、気合入りまくっていた。 思わずカッコいいと言いたくなってしまう。うがつ先生の戦闘シーンは見れば見る程、好きが増していく。幼い頃のアカネが可愛すぎて、もうやられた…アカネのお母さんも美しい…シロツメクサの花冠をお母さんのために作るアカネ尊すぎたよ…そして、ガーネットの太ももが眩し過ぎるのに加え、ほっぺをプクッとさせるところが可愛い。忘れちゃいけないのが天狼星姫…

続きを読む

【感想】『雨でも晴れでも』11話~美古都と蓮の百合で感じろコスモ!~

寄宿学校で育まれる百合がたまらない『あめはれ』こと『雨でも晴れでも』。『雨でも晴れでも』11話が想像以上にヤバかったので、いろいろ語っていこうかなと思います。【目次】基本情報『雨でも晴れでも』11話の感想『雨でも晴れでも』11話の核最後に 基本情報タイトル『雨でも晴れでも』11話作者あらた伊里(@aratairi)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164750313配信【ブックウォーカー】etc『雨でも晴れでも』11話は蓮が美古都にキスをお願いする回。美古都は戸惑いつつも蓮のお願いに応えることに…『雨でも晴れでも』11話の感想ヤバさの波状攻撃にノックアウトされた…単純に面白いの一言に尽きる。蓮の言動についていろいろ言いたいことがだな…蓮に「どうしてキスしたの?」と聞かれた美古都はどう答えようか戸惑っていたけど、戸惑う気持ちも分からなくはない。 「えっ?」みたいな表情が印象的。 美古都、予想外の展開についていけてないという感じがしましたね。美古都がキスしようとした理由を説明したら、蓮がセクシーな格好になってくれとお願い。さすがの美古都も置いてけぼり…そして、自分も蓮の言動を理解するのにちょっと時間が。美古都が真顔で困惑していたから尚更、印象に残った。 そうとも知らない蓮が真面目な顔してどういうこっちゃな論理を並べ、美古都と読み手を困らせてくる。 蓮の語りが『ドラゴン桜』の桜木先生ばりの説得力があったんじゃないかと感じてしまった…

続きを読む

【感想】『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話~桜色の未来へ~

複雑かつ繊細な三角関係を描いた『やさかん』こと『合格のための! やさしい三角関係入門』。2021年1月に最終話を迎えることに。今回は『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話の感想を紹介します。【目次】基本情報『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話の感想『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話の核最後に 基本情報タイトル『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話作者缶乃(@_canno)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164750313配信【ブックウォーカー】etc『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話は真幸の高校受験の結果発表とその後の出来事について描かれていました。真幸・あきら・凜はもちろん、真幸の親友、純恋やかつて凛と一緒にいた詩歩と千代乃のその後についてスポットライトが当たっていたのがポイント。『合格のための! やさしい三角関係入門』最終話の感想最初、最終話という事実に実感が湧かなかった。最終話の3文字を見た時はビックリしたけど、ページをめくる度に終わりなのを実感してしまう。全体を振り返ると、綺麗にまとまっていて読みやすかった。真幸達の幸せそうな表情を見ていると、こっちも幸せになるというか。 純恋・詩歩・千代乃にもキチンとスポットライトが当たっていたのは個人的にポイントが高い。 全員が幸せになるよう上手く持って行ったのではないのかなと。最終話もキッチリと決めていて、本当に面白かった。『…

続きを読む

【感想】『姫神の巫女』1巻~百合濃度120%を超えていた…~

2004年に爆誕した百合『神無月の巫女』。そんな『神無月の巫女』が何年もの時を経て、新たな姿で蘇った。その名も『姫神の巫女』!過去にウェブで公開されていた小説『姫神の巫女~千ノ華万華鏡~』を原案にしており、連載が発表された際は多くの方を驚かせました。今回は『姫神の巫女』1巻の感想と魅力について語っていこうかなと。【目次】基本情報『姫神の巫女』1巻の感想『姫神の巫女』1巻の魅力最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』1巻作者介錯(@Kai_Seven_)掲載誌電撃マオウ出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日収録話数1~6話・おまけ原案http://www.himegami.com/ISBN-104049134691ISBN-13978-4049134698配信【ブックウォーカー】etc主人公の媛子と千華音が自らの運命に翻弄されながらも、お互いに愛し合う様子を描いた百合漫画。『神無月の巫女』を思い出させるキャラクターが何人も登場します。媛子と千華音は御霊鎮めの儀の定めにより、15歳の誕生日から1年間戦うことに。 勝者は16歳の誕生日に敗者の命を大蛇神(おおみかみ)に捧げないといけない。果たして、媛子と千華音の運命やいかに…『姫神の巫女』1巻の感想こうして介錯先生の作品に触れる機会ができるというのは本当に幸せですね。『神無月の巫女』を初めて触れた時もそのインパクトに驚かされた…百合度を増すと単行本に書いてあったけど、確かに百合度がパワーアップしていたと思う。読んでてドキドキするシーンが多く、媛…

続きを読む

【感想】『ささやくように恋を唄う』のコラボカフェについて振り返る

『ささやくように恋を唄う』とマチ★アソビCAFEのコラボカフェがありました。普段から『ささこい』を楽しんでいる自分は3回行くことに。今回は『ささこい』のコラボカフェについて振り返っていきます。【目次】コラボカフェのメニューコラボカフェのメニューの感想コラボカフェのグッズ最後に コラボカフェのメニューコラボカフェのフードメニューは以下の通り。海鮮たっぷりパスタ:900円(税込)ハンバーガーセット:1,400円(税込)バナナのパウンドケーキ:800円(税込)ドリンクメニューは以下の通り。木野ひまり:612円(税込)朝凪依:612円(税込)水口亜季:612円(税込)筒井真理:612円(税込)橘香織:612円(税込)コラボカフェのメニューの感想『ささこい』カフェのメニューの感想をそれぞれ紹介します。海鮮たっぷりパスタガーリックと唐辛子が食欲をそそる一品。 1巻に登場したパスタがモデルです。思っている以上に麺が多かったかなと思います。エビ・アサリ・ホタテが嬉しいサプライズ。ハンバーガーセット個人的にフードメニューの中で1番ボリュームがあったかなと思います。 2巻に登場したハンバーガーがモデルです。ガブッといっちゃいました。食べ応え十分な一品です。箸休めのポテトとナゲットも悪くなかった。バナナのパウンドケーキバナナのパウンドケーキがズシッとした感じで甘過ぎないのが良かったかなと。 生クリームなどを付けて食べるのもあり。 2巻に登場したバナナケーキがモデルです。ショートケーキのアイスはイチゴの甘酸っぱさと生ク…

続きを読む