【感想】『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻に収録されていたジュリ達のヘビー級のエピソードにノックアウト

『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻が想像以上に濃厚だったので、感想を紹介します。気になる方は一度チェックしてください!目次 基本情報『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻の感想最後におまけ 基本情報タイトル『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻作者紺色3号(@pluto_305)掲載誌ツイ4出版社星海社発売日2022年7月8日ISBN-104065287650ISBN-13978-4065287651サイズB6(13x1.2x18.3cm)紺色3号先生のYouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCiPhGw5Yp7RahyjuMb_Kf2w配信【ブックウォーカー】etc 『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻では、ひろみ・理愛・のばらの過去に加え、のばらと伊緒の恋、ジュリとひろみの心の変化について描かれていました。明らかになるひろみとのばらの出会いとひろみが作家の道を掴み取るまでの過程。 互いの想いをぶつけ合うのばらと伊緒。 物語が進むにつれ、ジュリとひろみの想いがさらに加速していく。『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』3巻の感想物語はもちろん、カバー裏に書かれた細かな設定にあとがきとボリューム満点の1冊だなと。1巻・2巻の時も情報量多かったけど、読み手に満足して欲しいというのがダイレクトに伝わってくる…

続きを読む

【感想・考察】『きもちわるいから君がすき』8話~共犯と書いてトモダチと呼ぶ~

『きもちわるいから君がすき』8話がいろいろな意味でヤバかったので、感想を紹介します。目次 基本情報『きもちわるいから君がすき』8話の内容『きもちわるいから君がすき』8話の感想『きもちわるいから君がすき』8話を掘り下げる先生、違うそうじゃない好きが止まらない圧倒的敗北依子のコレクションそれが乙女のポリシー透の疑問トモダチ最後に 基本情報タイトル『きもちわるいから君がすき』8話作者西畑けい(@nishihatak)掲載誌まんがタイムきらら2022年8月号編集部のTwitterアカウント@mangatimekirara出版社芳文社発売日2022年7月7日ISBN4910083450820サイズB5きららベースhttps://seiga.nicovideo.jp/comic/58241 『きもちわるいから君がすき』8話の内容『きもちわるいから君がすき』8話は、司が欠席している時の依子と透のやり取りが描かれていました。体育の授業でペアを組んだ依子と透。 仲良くなったと思いきや…??依子の深く歪な愛情が炸裂します。今回の話は、『紡ぐ乙女と大正の月』の作者・ちうね先生の青春時代の思い出がヒントになったとか。 事実上のけい先生とちうね先生のコラボみたいなものです。参考URL:https://twitter.com/yachixxxxxx/status/1544708015797874691次にくるマンガ大賞2022にノミネートされた『紡ぐ乙女と大正の月』も面白いので、気になる方は是非是非チェックしてください。…

続きを読む

【感想・考察】『わたしはサキュバスとキスをした』22話に描かれていた熱について

『わたしはサキュバスとキスをした』22話で印象に残ったことがいくつかあったので、語っていこうかなと。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『わたしはサキュバスとキスをした』22話の内容『わたしはサキュバスとキスをした』22話の感想玄関での雪子とフウのやり取り雪子の本音を言った後に登場した標識フウに施された淫紋このみと希最後に 『わたしはサキュバスとキスをした』22話の内容雪子とフウが互いの気持ちをぶつけ、ずっと一緒に居続ける様子が描かれていました。愛するフウと一緒にいるため、雪子は淫紋を施すことに。『わたしはサキュバスとキスをした』22話の感想雪子とフウの熱!情熱的に愛し合う様子をこれでもかというくらい描かれていたのが印象的だった。舌・唾液・汗・熱気・火照った顔と雪子とフウから醸し出す熱が読んでいて伝わってくる。最初は優しく、ボルテージを段々上げていくことで雪子とフウの百合をより魅力的なものにしていたと思う。舌や唾液の描写とかマジでリアルだったな… 白玉もち先生の気合というかこだわりが十二分に発揮されていた。こだわりを詰め込みつつも、緻密な描写や繊細な心理描写を落とし込むところは本当に凄い!舌や汗のねっとりした感じが雪子とフウが繋がっているというのをより実感させる。 雪子がフウに淫紋を施す時、情熱的になっていたのはすれ違いがあったのも大きいのかなと。 失われた時間を取り戻したい・ずっと一緒にいたいなど、いろいろな感情が絡み合っているような気がしないでも…唇と唇・鼻と鼻…

続きを読む

【感想】『ケイヤクシマイ』4話に登場した2枚の契約書について

『ケイヤクシマイ』4話で描かれていた2枚の契約書を中心に感想を語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。目次 『ケイヤクシマイ』4話の内容『ケイヤクシマイ』4話の感想最後に 『ケイヤクシマイ』4話の内容『ケイヤクシマイ』4話は、香沙音とめぐるがお買い物を楽しむ様子が描かれていました。作中のラストには、2枚目の契約書が…『ケイヤクシマイ』4話の感想めぐるが香沙音に一緒に寝て良いと言うシーン、マジでドキッとしたぁ…夢なのか現実なのかといろいろ考えこんでしまった自分がですね。 いずれにしても、ドキドキしたのに変わりない。 足が当たるところとか良い感じの距離感を描くところもイイ。作中のラストに登場した2枚目の契約書と香沙音の友人らしき女性と気になる要素が次々と出てきたのが印象的。 青山弘美?めぐるのお姉さん??とかちょっと困惑した。特に印象に残ったのは、めぐると弘美が交わした契約だ。めぐると弘美の姉妹契約書に書かれていた内容は以下の通り。第一条:おねえちゃんとあそびたい第二条:おねえちゃんとお出かけしたい第三条:おねえちゃんとごはんを食べる第四条:おねえちゃんといっしょにねる香沙音と交わした契約内容はこちら。第一条:姉はできるかぎり妹といっしょにいること。第二条:姉は妹といっしょにあそぶこと。第三条:姉は妹とたくさんおしゃべりすること。第四条:姉は妹をいっぱい甘やかすこと。第五条:姉妹はいっしょにごはんを食べること。第六条:姉妹はいっしょにお買い物に行くこと。第七条:姉妹は休…

続きを読む

【感想】『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻の百合と豊富なリアクションがインパクト抜群だったのだが

『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻を読んだので、感想を紹介します。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻の感想最後に 基本情報タイトル『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻作者紺色3号(@pluto_305)掲載誌ツイ4出版社星海社発売日2021年11月12日ISBN-104065261481ISBN-13978-4065261484サイズB6(13.1x1.2x18.2cm)紺色3号先生のYouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCiPhGw5Yp7RahyjuMb_Kf2w配信【ブックウォーカー】etc 『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻では、ジュリとひろみが百合について突き詰めつつも距離を確実に縮めていく様子が描かれています。 それに加え、先輩の小糸のばらと後輩の辨野伊緒(べんのいお)とのやり取りも収録。のばらの意味深なセリフをはじめ、見どころ満載です。『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』2巻の感想インパクト溢れる描写が満載なのに加え、テンポ良く話が進んでいくのが印象的。百合について濃い話をしつつもジュリとひろみが距離を確実に縮めていくのがイイ…ホラーは百合とか赤飯を作り出して料理漫画になったの???とかツッコまずにはいられない要素がですね。 い…

続きを読む

【感想】『ゆるキャン△アンソロジーコミック』2巻~映画公開日に発売はジャストタイミング過ぎる~

『ゆるキャン△アンソロジーコミック』2巻の感想を紹介します。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『ゆるキャン△アンソロジーコミック』2巻の内容全体を通しての感想各作品の感想最後に 基本情報タイトル『ゆるキャン△アンソロジーコミック』2巻原作あfろ表紙うちのまいこ(@uma401)カバー裏あらたまい(@maittingu)イラストわらびもちきなこ(@warabimochi0508)参加作家mekaringo(@mekaringo1)相馬康平(@SOMATO_tubuyaki)日下氏(@yukkieeeeeen)ぎんもく(@gin_moku)白野アキヒロ(@akiakishira)マシーナリーとも子(@barzam154__)一ノ瀬けい(@ichinose_kei_)天野茶玖(@amasaku24)乃花タツ(@nekono_siri)渡井亘(@Watarai_Kou)こかむも(@kokakimumose)なをををををを(@70_pocky)森永ミキ(@molly_miki)中西芙海(@nknsfm)時雨沢恵一(@sigsawa)出版社芳文社発売日2022年7月1日ISBN-104832273779ISBN-13978-4832273771サイズB6(12.8x1.2x18.2cm)配信【ブックウォーカー】etc 『ゆるキャン△アンソロジーコミック』2巻の内容『キノの旅』の時雨沢恵一先生をはじめ、数多くの作家さんが描く『ゆるキャン△』が楽しめる1冊です。1冊でたくさんの話を楽しみたい方に…

続きを読む

【感想】『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻に描かれていた作家とファンの関係性に驚かされたのだが

『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻が想像以上に濃い内容だったので、感想を紹介します。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻の感想最後に 基本情報タイトル『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻作者紺色3号(@pluto_305)掲載誌ツイ4出版社星海社発売日2021年5月12日ISBN-104065235138ISBN-13978-4065235133サイズB6(13x1.2x18.3cm)紺色3号先生のYouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCiPhGw5Yp7RahyjuMb_Kf2w配信【ブックウォーカー】etc 『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻の内容『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』は作家とファンの百合を描いた作品。 大まかなストーリーは、下記の通りです。主人公・西園寺ジュリは予想外のアクシデントで大好きな百合小説を落としてしまう。 だけど、百合小説を拾った同級生は何とジュリが大好きな作家・立花ひろみだった。ジュリの作品に対する愛に感動したひろみは、ジュリに百合について教えを乞うことに。 対するジュリは、ひろみに対し、百合について熱く語っていく。 『同級生の推し作家に百合妄想がバレた結果』1巻の感想実際、手に取って読んでみたわけですが、想像以上に面白かった。作家とファンの関係性・作家という…

続きを読む

【感想】『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻~レイの恋心・零の過去・クレアの変化など見どころ満載の…

『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻の感想を紹介します。目次 基本情報『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』の内容『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』の感想『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』の特典最後に 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻原作いのり(@inori_narou)イラスト花ヶ田(@Lv870)コミカライズ版青乃下(@aonoesu)出版社一迅社発売日2022年6月17日小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/ISBN-104758024154ISBN-13978-4758024150サイズB6(13x2.1x18.8cm) 『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻の内容『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻は、原作の恋の天秤編・バカンス編・教会編に加え、2本の書き下ろしエピソードに青乃下先生の描き下ろし漫画が収録されています。コミカライズ版4巻の後の話になります。1巻同様、ボリューム満点の内容です。『私の推しは悪役令嬢。-Revolution-』2巻の感想コミカライズ版で話を追っていて、恋の天秤編の続きが気になってしょうがないと感じ、読み進めることに。 読むタイミング、正直迷いましたね。 コミカライズ版だと教会編が終わるのが一体いつになるのか分からず、我慢できなくなっちゃいました。それだけ、青乃下先生の魅せ方やいのり。先生の話が魅…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』6話で描かれていた世界についての解説

まんがタイムきららキャラット2022年8月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』6話の感想に加え、作中に登場した世界について触れていきます。目次 『メールブルーの旅人』6話の内容『メールブルーの旅人』6話の感想『メールブルーの旅人』6話の解説最後に 『メールブルーの旅人』6話の内容『メールブルーの旅人』6話は、ハカセとクマノミが「ゲーム」の情報世界を探査する回です。ゲーム内に用意された選択肢にクマノミが四苦八苦!新たな情報世界でハカセとクマノミは新たな宝物を手にすることに。『メールブルーの旅人』6話の感想今回も奥が深く、遊び心が満載で面白かった。ゲームの選択肢に四苦八苦するクマノミとそれに対するハカセの反応は、見ていて楽しい。作中、登場したゲームのヒロイン達が可愛すぎるんですが…??? 1本の話ができるんじゃないかと感じた自分がここにいる。 スピンオフ的なのあったら、読みたい。細部にまでこだわりが詰まっていて、何度も読みたくなるんですよね。ハカセとクマノミとのやり取りを軸に情報世界に散りばめられたさまざまな情報と謎、情報世界での新たな出会いと光る部分が多くて読んでいて楽しい。 『メールブルーの旅人』、もっとたくさんの方に読んで欲しいなとしみじみ思う。今回の話、読んでてクマノミの気持ち分かる分かるとなったし、「ハカセ、その選択肢は無いでしょ!!!」とツッコみたくなる気持ちが沸々とですね…フラットに読んでも、いろいろ考えながら読んでも楽しい百合漫画だなと実感している。身近な存在であるゲームをテーマ…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』12話に描かれていた暁恵と結稀が協力する姿が尊かったのだが…

『あなたが私を照らすから。』12話について語っていこうと思います。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『あなたが私を照らすから。』12話の内容『あなたが私を照らすから。』12話の感想最後に 『あなたが私を照らすから。』12話の内容『あなてら。』12話は、桜葉学園の春季運動会の始まりを描いた回。桜葉祭のステキを手にし、学園一のカップルに近づくため、暁恵と結稀は力を合わせることに。『あなたが私を照らすから。』12話の感想ここ最近、暁恵と結稀のやり取りが少なめだったせいか、暁恵と結稀の百合をここぞとばかりに押し出していたのが印象に残った。『あなてら。』は暁恵と結稀のカップルをはじめ、何組ものカップルの百合を楽しめるのも魅力的だ。 だけど、やっぱり暁恵と結稀のカップルがいないと始まらないと実感できる回だったと思う。今回の『あなてら。』を読んでいて、この作品において、暁恵と結稀の存在が大きいなと実感する。 ここ数回、出番が少なく感じて、寂しいなという部分もありますが…暁恵が結稀をグイグイ引っ張るかと思ったら、結稀の「格好良かったです」という破壊力抜群の一言が来るなど、光る部分がとにかく多い。 話の締めに暁恵が結稀を優しくエスコートするシーンを持ってくるなど、話の流れは綺麗だったなと思う。 凛々しい表情の結稀も魅力的だったな。扉絵に描かれていた暁恵と結稀の準備体操も良い…他に良いなと感じた部分は、丹が怜里のために全力を尽くすシーン。 愛する人のために手を抜かないというか所作が美…

続きを読む