【感想】『しっぽな落語会』~寄席は生で見るのに限る~

2021年9月4日に行われた『しっぽな落語会』を見に行ったので、その感想を書いて行こうかなと。そういえば、1年以上行ってなかったな…【目次】全体を振り返って笑福亭生喬氏のとある話が印象的だった露の柴の噺を聞いて最後に 全体を振り返って内容が濃く、見応え十分だった。 ひとつひとつの噺が聴き応えあったし、演目の世界に惹き込まれた。それに加え、TNSK先生から『しっぽな』に関する貴重な話を聞けたのもポイント高い。ちなみに、演目は以下の通り。表にするとこんな感じ。出演者演目登場回TNSK・生喬・天使オープニングトーク単行本未収録柴看板の一21話(5巻)生喬遊山船1話(1巻)生喬・柴・三扇住よし踊6話(2巻)三扇引き出物単行本未収録八方崇徳院2話(1巻)こうして見ると、原作をリスペクとした構成になっていますね。ひとつひとつの話を振り返ってみると、看板の一:しららが新人演芸大会に出場する決意をした回遊山船:まめだが初めて見た演目住よし踊:まめだが初めて高座に上がった回崇徳院:まめだが文狐師匠に弟子入りした回と話のターニングポイントになった時に登場した演目がピックアップされている印象が強いです。 『しっぽな落語会』と原作を振り返ってみると、こう熱いなと感じさせてくれるところもポイント高い部分かなと。どの噺家さんも力があって、只々凄いの一言に尽きる… 上手いこと言えるわけではないけど、人を惹きつける何かがある。ちなみに、崇徳院の時、百人一首の話が出たけど、自分は崇徳院と聞くと、怨霊伝説の印象が強いですね。ひとつ…

続きを読む

推してる作品のキャラクターの誕生日を祝った際に感じたこと

普段からいろいろな作品を推したり、楽しんだりしている。感想を書いたり、本やグッズを買うなど、できる限りのことをしていたけど、他にできることはないかと考えていた。今回は、『ロンガル』こと『ロンリーガールに逆らえない』の小池千鶴ちゃんの誕生日を祝った日の出来事をちょこっと振り返ろうかなと。【目次】推してる作品のために何かないか考えた生誕祭とはなんぞやキャラクターの誕生日を祝って最後に 推してる作品のために何かないか考えた普段から『ロンガル』を読んだり、感想をブログで書いたりしている。グッズとかも買ったし、樫風先生のFANBOXに入ったり、樫風先生の過去参加したアンソロを買って読んだりとできる限りのことをしてきた。でも、まだ何かあるはずだと考えることに。あった。そういえば、推している百合作品のキャラクターの誕生日をしっかりお祝いしていなかったじゃないかと。 そういった想いと心の中で湧いてきた千鶴ちゃんの誕生日を祝いたいという気持ちでケーキを買って、Twitter上でお祝いのツイートを投稿することに。小池千鶴ちゃんの誕生日は9月2日なので、1日遅れのお祝いとなったわけですが、正直済まなかったと思ってる。ちなみに、9月3日に食べたケーキは、セブンイレブンのモンブランタルトだ。 ありがとうセブンイレブン。 いい気分になった。生誕祭とはなんぞや生誕祭は、対象のキャラクターや人の誕生日を祝う祭りのことだ。毎年、推しているキャラクターの誕生日を祝っている方や声優とかアイドルとかのファンをやっている方なら、そんなの…

続きを読む

【感想・考察】『恋する狼とミルフィーユ』15話~母との繋がり~

『恋する狼とミルフィーユ』15話の感想とポイントを紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『恋する狼とミルフィーユ』14話の内容『恋する狼とミルフィーユ』14話の感想麻綾の秘密母親との別れ麻綾の誓い最後に 基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』15話サブタイトル黒い光作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年10月号出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910164111015コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201685010000_68/配信【ブックウォーカー】etc 『恋する狼とミルフィーユ』15話の内容『恋ミル』15話は、ハティの手により麻綾の過去と秘密が明らかになる様子が描かれていました。実は狼であることが発覚した麻綾。 一度は覚醒したものの、母親・クラウディアにより狼の魂を抑えつけられていた。再び狼に覚醒させようとするハティに対し、麻綾はハティに宣戦布告を行う。果たして、麻綾はハティに勝利することができるのか。『恋する狼とミルフィーユ』15話の感想百合はもちろん、家族の描き方も上手いなと感じさせる。麻綾と両親のやり取りを見ていると、麻綾は本当に愛されていたんだなと。 1話とかで狼の持つ暴力的な面は見せていたけど、両親から譲り受けた優しさや愛情というのもしっかり受け継がれている、そう感じる15話だったと思う。恋人・…

続きを読む

【感想・考察】『姫神の巫女』16話~千華音と媛子の逃避行~

『姫神の巫女』16話の感想と一部ポイントを紹介します。作品のおさらいや考察、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『姫神の巫女』16話の内容『姫神の巫女』16話の感想霊句子の激怒想いを爆発させる媛子とそれを受け止める千華音双磨の襲来最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』16話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年10月号出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910164111015配信【ブックウォーカー】etc 『姫神の巫女』16話の内容『姫神の巫女』16話は、千華音が媛子を霊句子の魔の手から救出したのも束の間、双磨が襲撃してくる様子が描かれていました。お互いの想いをぶつけ合う千華音と媛子。 2人を引き離そうとする双磨。果たして、千華音と媛子は、一体どのような選択をするのか… 霊句子達との決戦の火蓋が切って落とされた。『姫神の巫女』16話の感想千華音がマジでカッコいいし、媛子がマジで可愛すぎた…要は、千華音と媛子の百合は最高だということだ。これに尽きる。双磨は、あれがそれ。媛子をガッチリ受け止め、包み込む千華音は本当に凄いなと。 それと同じくらい、媛子の千華音を助けたいという想いも凄いと感じるわけで。極めつけはこれ。ありがとう媛子空っぽの私をいっぱいにしてくれて千華音のセリフ、ヤバないですか? 最高の告白じゃないですか…九頭蛇の魔の手が迫る状況なのも相まって、心にガツンと響きますね。介錯先生…

続きを読む

【感想・考察】『姉の親友、私の恋人。』3話~恋はすでに始まっていた~

『姉親』こと、『姉の親友、私の恋人。』の3話に関する感想とポイントを紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『姉の親友、私の恋人。』3話の内容『姉の親友、私の恋人。』3話の感想菊の温度を感じる聖奈聖奈と再会する菊寒がりな菊聖奈の返事聖奈のことで疑問そして確信する菊蛙化現象に悩まされる人最後に 基本情報タイトル『姉の親友、私の恋人。』3話作者藤松 盟(@fuji3DA_AHAHA)掲載誌コミック電撃だいおうじVOL.96出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910164761012配信【ブックウォーカー】etc 『姉の親友、私の恋人。』3話の内容『姉親』3話は、聖奈が菊の恋人になる回。聖奈と菊の想いが入り乱れ、物語はより複雑な方向に。聖奈と菊の再会について詳細に描かれているのに加え、聖奈と菊の恋心について掘り下げられています。『姉の親友、私の恋人。』3話の感想菊が聖奈の再会を振り返るシーンと菊に恋人になる宣言を行った後の聖奈のアクションが印象的だった。廊下で1人眠る聖奈が単純に美しいし、読者を惹き込むだけの魅力がそこにあったと思う。菊がやられるのも無理はない気がする。頬を赤くしていて、完全に恋していましたね…後、ラストの「恋なんかじゃない」という聖奈のセリフが強力だった。 本当は恋しているけど、認めたくないという複雑な感じと言えば良いのか。 聖奈の魅力がラストに集約されていると思う。個人的には「恋なんかじゃない」と言ってうずくまっ…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』5話~結稀の勘違い~

『あなたが私を照らすから。』5話の感想とポイントを紹介します。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『あなたが私を照らすから。』5話の内容『あなたが私を照らすから。』5話の感想結稀の勘違い莉子の差し入れ最後に 基本情報タイトル『あなたが私を照らすから。』5話作者むく(@harumankai)掲載誌コミックキューン2021年10月号出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910135731013配信【ブックウォーカー】etc 『あなたが私を照らすから。』5話の内容『あなたが私を照らすから。』5話は、怜里達との料理対決を終えた結稀がなぜか、暁恵を避ける話。 結稀の中で膨らみ続ける暁恵に対する想い。戸惑いを隠せない結稀は、詞子と向日葵に相談することに。 詞子のブログで何かに気付いた結稀は暁恵を呼び出し、自分の気持ちを伝えることを決意します。果たして、結稀の口から一体どんな言葉が飛び出すのか。 暁恵と結稀のカップルの運命や如何に…『あなたが私を照らすから。』5話の感想結稀のドキドキした感じとか暁恵に自分の気持ちを伝えようとした時の表情と見どころ満載の回だったと思う。一通り読んでて、感じたのがようやくカップルとして本当のスタートに立つのかなということだ。詞子と向日葵のセリフを読んでいると「んっ?」と感じることが多々あった。これまでのエピソードを振り返ってみても、どこか違和感が…とっくにラブラブなのかという向日葵のセリフを見て、一体どういうことだと感…

続きを読む

【感想】『紡ぐ乙女と大正の月』2巻で紡と唯月の百合と奥深さがパワーアップしていたわけで…

『紡ぐ乙女と大正の月』2巻を買ったので、感想とポイントを紹介します。気になる方は是非、チェックしてください!【目次】基本情報『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の内容『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の感想『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の奥深さ最後におまけだよ! 基本情報タイトル『紡ぐ乙女と大正の月』2巻作者ちうね(@yachixxxxxx)掲載誌まんがタイムきららキャラット出版社芳文社発売日2021年8月26日ISBN-104832273019ISBN-13978-4832273016配信【ブックウォーカー】etc 『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の内容『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の収録内容をザックリ説明すると、こんな感じ。紡と唯月が旭や初野、七緒と一緒に軽井沢に遊びに行く話初野のダイエット作戦紡の息抜き紡が唯月と雪佳(せっか)を仲直りさせるために奮闘する話2巻の核となるのは、雪佳の存在です。 雪佳の登場が紡と唯月に大きな影響を与えることに。 果たして、紡は唯月と雪佳のわだかまりをできるのか。『紡ぐ乙女と大正の月』2巻の感想内容が本当に濃くて面白かった。紡・唯月・雪佳の複雑な三角関係は見応え十分だった。 紡と唯月は、雪佳との問題を一体どうやって解決するのかと感じ、ページをめくり続けていましたね。紡と唯月の百合も1巻の時よりパワーアップしていて、尊いと感じたり、思わずクスッとなった時も。怯える紡に唯月が手をギュッと握って優しく寄り添うところはもちろん、紡が手に入れた怪しげな薬を唯月が没収するシーン、舞踏会で紡と唯月が一緒に…

続きを読む

【感想】『すぱいしーでいず!』3話~最高の宝物~

『すぱいしーでいず!』3話の感想とポイントを紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『すぱいしーでいず!』3話の内容『すぱいしーでいず!』3話の感想みんなの心を掴むすてらすてらのファッションショーなつみのデリバリー豪邸探検で得た最高の宝物最後に 基本情報タイトル『すぱいしーでいず!』3話サブタイトル豪邸探検隊!原作蒼山サグ(@SagAoyama)作画きんつば(@kin_2ba)料理監修伊藤雄一(BELCORNO)(@BELCORNO)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年10月号出版社芳文社発売日2021年8月24日ISBN4910082711014 『すぱいしーでいず!』3話の内容『すぱいしーでいず!』3話は、すてら達がすてらの豪邸を探検し、楽しい思い出を作る様子が描かれていました。楽しさあり・ドキドキありの探検の中ですてら達は、最高のお宝を見つけます。『すぱいしーでいず!』3話の感想すてら達のアクションは、見ていて楽しい。楽しいだけでなく、可愛い・尊いの三拍子が揃っている。誰かの家もそうなのですが、自分が入ったことがない建物に入るのは、確かに探検・冒険といった感覚を覚えなくもない。すてらとあい、すてらとなつみの百合が尊すぎて…サプライズが過ぎるよと言いたい。後、すてらのいろいろな格好が見れたのも○ あいに圧倒的感謝ですね。毎度感じていることなのですが、水彩画のような背景画も印象に残る。 独特の世界観を出しつつもすてら達を上手い具合に引き立…

続きを読む

【感想・考察】『最果てのともだち』6話~キヨと先生の邂逅~

『最果てのともだち』6話の感想・ポイントを紹介します。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『最果てのともだち』6話の内容キヨとヒカリの出会い責任の擦り付け合い出来損ない死んでも捨てられない優しさアサヒという名の希望の光謎の少女・ユウ最後に 基本情報タイトル『最果てのともだち』6話サブタイトル終わりのはじまり作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年9月号出版社芳文社発売日2021年8月24日ISBN4910082711014 『最果てのともだち』6話の内容『最果てのともだち』6話は、ヒカリの死・キヨとヒカリの出会い・アサヒとキヨの学び舎が廃校になるまでの過程が描かれていました。ヒカリは死してなお、教鞭を振るっているのか。 キヨの優しさと怒り、アサヒとキヨの学び舎に現れる新たな風。アサヒ・キヨ・ヒカリに一体どのような変化を与えるのか。キヨとヒカリの出会い校舎の3階から落ちたキヨは、命を落としてしまいます。死んだヒカリは、可愛い教え子達が待つ教室に。 そして、今まで見えなかったキヨが見えるようになりました。責任の擦り付け合いヒカリが亡くなったのを生徒達が「お前が悪い」とか「ヒカリの授業がつまらないのがいけない」と責任を擦り付け合い始めます。皆、責任を取るのが嫌なんだろうなというのが伝わってくる。 皆、ヒカリの死に加担していると言っても過言ではないのに。 都合が悪くなったら逃げるとは言わないですが、そんなつもりじゃなかっ…

続きを読む

【感想・考察】『自由しかない女たち』1話~自由という名の不自由・不自由という名の自由~

この出会いに圧倒的感謝…『自由しかない女たち』1話の感想に加え、作中のポイントについて語っていきます。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『自由しかない女たち』1話の内容『自由しかない女たち』1話の感想バイクという名の空間推しに全力・全開!!究極の選択満開の星空自分のために使える時間アオキが最高の薬箱最後にリンク 基本情報タイトル『自由しかない女たち』1話作者サクタロー(@sktr_sgt)掲載誌月刊ビッグガンガン2021年9月号出版社スクウェア・エニックス発売日2021年8月25日ISBN4910288960919配信【ブックウォーカー】etc 『自由しかない女たち』1話の内容『自由しかない女たち』は、うみはること草壁晴海(くさかべはるみ)とアオキこと桐生藍子(きりうあいこ)が自由気ままに過ごす様子を描いた百合漫画。自由に生きるうみはるとアオキの活き活きとした姿を思い切り堪能することができます。 それだけでなく、個々が抱える問題に悩み、向き合う様子も描かれていたりします。今回は、うみはるとアオキが山で花見を満喫する回。作者は、『君と綴るうたかた』、『イケメンすぎです紫葵センパイ!』の背景に携わっていたサクタロー先生です。百合ではないのですが、ニコニコ静画ビッグガンガンべつばらで『トヨちゃんの定食』という読切を描いていました。 人によっては、サクタロー先生の新作を心待ちにしていたのではないでしょうか? 『トヨちゃんの定食』のリンクも貼っておきますので、気に…

続きを読む