【感想】『もみじコンプレックス』~ドデカい百合と可愛さにノックアウト~

まんがタイムきららフォワード2021年3月号に掲載されていた読切漫画『もみじコンプレックス』。方言女子の可愛さを見事に体現した一作を読んだ後、連載化しないかなと感じた自分がここにいます。今回は『もみじコンプレックス』の感想を紹介します。【目次】基本情報『もみじコンプレックス』の感想『もみじコンプレックス』の主要キャラの名前について考える最後に 1.基本情報タイトル『もみじコンプレックス』作者青木渚子掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年3月号出版社芳文社発売日2021年1月22日ISBN4910082710314『もみじコンプレックス』はとある高校に転校した可部もみじ(かべもみじ)がクラスメイトの横川アキ(よこかわアキ)と仲を深めていく様子を描いた百合漫画。テーマは「広島弁」「方言女子」といったものが挙げられます。広島弁を使う時のもみじの可愛さ・もみじを全力で受け入れるアキ・もみじとアキが猫を愛でる姿といくつもの強みがあります。『もみじコンプレックス』の感想可愛いと尊いがいっぱいで最高だった。これは是非、続きが読みたい。 面白かったから見て!と言いたくなる。可愛い方言女子のパワーに加え、可愛い女の子がキュートな猫を愛でる姿と『もみじコンプレックス』はたくさんの尊いで溢れていましたね…もみじの方言をバカにした女子に対し、アキが火を噴くところはカッコ良過ぎる!その後、もみじが一番好きなのはアキだと言ったシーンは最高潮に達しましたね…アキがもみじの方言をバカにしたのは許せなかった発言から一気に最…

続きを読む

【感想】『私の百合はお仕事です!』40話~ドキドキだらけの合宿~

ソトヅラ・コンカフェ・百合の3つをテーマに複雑かつ尊い物語が繰り広げられる『わたゆり』こと『私の百合はお仕事です!』。今回は『私の百合はお仕事です!』40話の感想を紹介します。【目次】基本情報『私の百合はお仕事です!』40話の感想『私の百合はお仕事です!』40話の核最後に 基本情報タイトル『私の百合はお仕事です!』40話作者未幡(@n28miman)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『私の百合はお仕事です!』40話は陽芽達、リーベ女学園のメンバーが1泊2日の合宿を行う回です。目的はリーベ女学園に使う写真を撮るため。合宿中、思わずドキドキしてしまうシチュエーションが陽芽を待ち受けていました。『私の百合はお仕事です!』40話の感想ドキドキの波状攻撃にやられてしまった…前半・中盤・後半に尊いシチュエーションが用意されていて、楽しむことができた。未幡先生の描く百合は本当に面白いから好き。陽芽と美月の百合は読んでて、スッと入ってくる。 美月が陽芽の手を掴むシーンは特に印象に残った。 まだまだ、距離感はありますが。合宿先で陽芽がいるにも関わらず、美月が着替えるシーンもインパクト抜群だったんだけど、個人的には美月が陽芽の手を掴むシーンを推したい。後、美月のラフな格好も〇 ここも40話で推したい部分ですね。 ジーンズを履いた美月がオシャレすぎる…今回もクオリティの高い回だった。『私の百合はお仕事です!』40話…

続きを読む

【感想】『ガンバレッド×シスターズ』15話~欲深きシスター~

サンデーGXで良質なバトル百合を提供し続ける『ガンバレッド×シスターズ』。1話、1話にこだわりが詰まっており、そのこだわりに惹かれた自分がここにいます。今回は『ガンバレッド×シスターズ』15話の感想について語っていきます。【目次】基本情報『ガンバレッド×シスターズ』15話の感想『ガンバレッド×シスターズ』15話の核最後に 基本情報タイトル『ガンバレッド×シスターズ』15話作者ミトガワワタル(@mitogawawataru)掲載誌サンデーGX2021年2月号出版社小学館発売日2021年1月19日ISBN4910041250219配信【ブックウォーカー】etc『ガンバレッド×シスターズ』15話はドクターJ達との戦いの続き。マリアとシャノンがタッグを組み、戦場を駆け抜けます。ドロシー・クロエ・サンダーズも参戦!そして、ヘレンとミランダの前に怪しい影が…『ガンバレッド×シスターズ』15話の感想単純に面白い。濃厚な百合あり・セクシーさあり・思わずこういろいろ言いたくなるシーンあり・サプライズあり・カッコいいメカ描写ありといくつもの強みを兼ね備えていた。1話の中に見どころをたくさん詰め込むところは本当に凄いですね。マリアとシャノンの熱いやり取りで見せるかと思ったら、シャノンの思わずいろいろ言いたくなる考え方で攻める。その後、ドロシーの強欲さで一気に畳みかけると読み手を飽きさせない。話の構成が計算されていて、スラスラ読めた。ドロシーとシャノンの百合からのマリアとドロシーの百合の流れは完璧すぎる…「だって私は強…

続きを読む

【感想】『音のレガート』2話~アンサンブル部の大作戦!~

個性的な5人の女の子が青春のメロディーを奏でる様子を描いた百合漫画『音のレガート』。今回は『音のレガート』2話の感想と見どころを紹介します。【目次】基本情報『音のレガート』2話の感想『音のレガート』2話の核最後に 基本情報タイトル『音のレガート』2話作者すいと(@tiguhagu_metro)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年3月号出版社芳文社発売日2021年1月22日ISBN4910082710314『音のレガート』2話が音達が深咲先生にアンサンブル部の顧問になるようお願いする話。ストーリーをザックリ説明すると、こんな感じです。アンサンブル部を結成するため、音が四苦八苦。 そして、顧問になった深咲先生は音達に仲を深めるために合宿を提案します。『音のレガート』2話の感想テンポ良くサクサク進んで読みやすかったですね。音と桜のやり取りが尊い。 音が桜を名前で呼ぶ時の表情がたまらなかった…桜が音の手を引くシーンが最高…前回の音と万里も良いんですが、音と桜のやり取りも。葵と柚季の百合も〇 柚季の寝顔が癒される。幼稚園児の頃の桜・葵・柚季も可愛すぎ。アンサンブル部の合宿ではどんな展開が待っているのか本当楽しみ。『音のレガート』2話の核『音のレガート』2話の核として、以下のものが挙げられます。音のおじいちゃんの意味深な言葉音が桜を名前で呼ぶシーンアンサンブル部の大作戦深咲先生の提案この辺りは人によって感じ方が違うかもしれません。 他に見どころがある・ここは押さえておきたいと感じるシーンがあれば、コ…

続きを読む

【感想】『アネモネは熱を帯びる』3話~彼女の目線と言霊に逆らえない~

不器用だけど自分を変えようとする2人の少女の百合を描いた『アネモネは熱を帯びる』。今回は『アネモネは熱を帯びる』3話について語りたいことができたので、感想や話の見どころなどを紹介していこうかなと思います。【目次】基本情報『アネモネは熱を帯びる』3話の感想『アネモネは熱を帯びる』3話の核最後に 1.基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』3話作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年3月号出版社芳文社発売日2021年1月22日ISBN4910082710314『アネモネは熱を帯びる』3話は凪紗が目線に合わせないことに対し、茉白が不満を漏らす話でした。サブタイトルは「目線」。 茉白は凪紗を押し倒し、目線を合わせようとしていましたね。 対する凪紗はいつか合わせられるようにすることを茉白と約束します。『アネモネは熱を帯びる』3話の感想濃厚な百合を思い切り堪能できて良かった…茉白が凪紗を床ドンするシーンは思わずドキッとしましたね…完全に茉白のペース。 凪紗、目線合わせたらどうなっていたんだろうか…捕まえたと言った時の茉白の表情が〇茉白が凪紗を押し倒した瞬間にやられた方は手を挙げて欲しいですね。 名乗っても怒らないので。極めつけはいつか目を合わせられるようにすると言った時の凪紗の表情。とにかくヤバい!凪紗のヤバい表情にノックアウトされましたね。キャラクターの見せる豊富な表情・クライマックスへの持って行き方・濃厚な百合の三拍子揃った回だった。『アネモネは熱を帯びる』3…

続きを読む

【感想】『私の推しは悪役令嬢。』7話~レイの真意~

小説家になろうで誕生した『私の推しは悪役令嬢。』。コミカライズ版1巻が重版されるなど、勢いを見せています。今回は『私の推しは悪役令嬢。』7話を読んだので、その感想を紹介します。【目次】基本情報『私の推しは悪役令嬢。』7話の感想『私の推しは悪役令嬢。』7話の核最後に 1.基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』7話漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『私の推しは悪役令嬢。』7話はミシャに同性愛者なのか問いかけられたレイがクレア達に自身の考えを打ち明ける回。レイの話を聞いた後、クレアが予想外のアクションを行う。『私の推しは悪役令嬢。』7話の感想かなり踏み込んだ内容になっていて、コミック百合姫2021年3月号の中で特に印象に残った回の一つでしたね。レイの複雑な心境を丁寧に描いたと思う。 表情が見えないシーンが登場した際、どんな顔をしていたのか、どんな目でクレア達を見ていたのか気になって仕方がなかった。後、クレアがレイのことを快く思っていない女子生徒を詰めていたシーンが印象に残った。 レイの話を聞いた後、クレアの心に何かしらの変化が起きているのかなと。クレアが今後、どのような変化を見せるのかも気になるところですね。レイの話を聞いていたミシャはレイの味方だなと。 レイを心配していたのが印象に残る。8話…

続きを読む

【感想】『女ともだちと結婚してみた。』3話~そうだ!ピクニックに行こう。~

ライフスタイルの違う大人の女性達の結婚生活を描いた『女ともだちと結婚してみた。』。繊細な百合と奥深く、心温まるストーリーは多くの方を魅了しています。今回は『女ともだちと結婚してみた。』3話の感想と話のポイントについて語っていこうかなと。【目次】基本情報『女ともだちと結婚してみた。』3話の感想『女ともだちと結婚してみた。』3話の核最後に 基本情報タイトル『女ともだちと結婚してみた。』3話作者雨水 汐(@siousuisio0057)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『女ともだちと結婚してみた。』3話はくるみと瑠璃子がピクニックに行く様子が描かれていました。仕事を終えたくるみは瑠璃子が休みと聞いて、ピクニックに行こうと提案。くるみと瑠璃子は充実した1日を過ごします。『女ともだちと結婚してみた。』3話の感想くるみと瑠璃子のやり取りは温かく、心が落ち着く。今回も面白かったですね。くるみと瑠璃子がお互いを思いやるところ・時がゆっくり流れる感じと全部が好きだと言いたい。優しく包み込むような雰囲気は『女ともだちと結婚してみた。』の強みだと思う。くるみと瑠璃子の百合は美しいの一言に尽きる。 温かさがジワーっと広がる感じ。くるみと瑠璃子が過ごした時の流れが本当に心地いい。大切な人と一緒に過ごす時間って愛おしく、大切なんだなとしみじみ思う。 『女ともだちと結婚してみた。』3話を読むことができて本当幸せ。『女ともだ…

続きを読む

【感想】『セメルパルス』11話~刃を重ねて~

2つの世界の戦いを描いた『セメルパルス』。回を重ねるごとに戦いが激化していくところが印象的です。今回は『セメルパルス』11話の感想とポイントとなる部分について語っていきます。【目次】基本情報『セメルパルス』11話の感想『セメルパルス』11話の核最後に 基本情報タイトル『セメルパルス』11話作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『セメルパルス』11話は命乃と様子が人型を倒す様子が描かれていました。戦いの中でミュールの力に目覚めつつある命乃。 果たして、命乃の運命はいかに。そして、行方不明の綾花はどうなってしまったのか…『セメルパルス』11話の感想前回同様、面白かったですね。人型の死闘は見応え十分!まさにギリギリの攻防・決死の戦いといった感じがした。 人型と戦う命乃・様子・悧七が本当にカッコイイ。 3人の連携はかなり気合入っていたと思う。素直に「おぉ!」ってなった。命乃と様子が刃を重ねるところとか悧七の渾身の蹴りと見どころ満載。戦いの後に描かれていた命乃と様子の百合もヤバい… 2人だけの世界に浸っていましたね。最初から最後まで見どころ満載で攻めた回だった。『セメルパルス』11話の核『セメルパルス』11話の見どころやポイントはどこか気になっている方も多いのではないでしょうか?『セメルパルス』11話の核として、以下のものが挙げられます。命乃・様子・悧七の連携行方不明の綾花…

続きを読む

【感想】『ロンリーガールに逆らえない』14話~彩花と空の未来について考える~

優等生の女の子と訳ありの女の子の秘密の関係を描いた『ロンガル』こと『ロンリーガールに逆らえない』。何とも言えない距離感と繊細な心理描写と心にジワーッと広がる百合といくつもの強みを持ち合わせています。今回、『ロンガル』14話の感想と話のポイントについて話します。【目次】基本情報『ロンリーガールに逆らえない』14話の感想『ロンリーガールに逆らえない』14話の核彩花と空が一緒にいるための方法を考える彩花と空の心強い味方最後に 1.基本情報タイトル『ロンリーガールに逆らえない』14話作者樫風(@Cat2Sora)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『ロンガル』14話は彩花が自分のやりたいことに気付き、空と対話する様子が描かれていました。彩花のやりたいことは一体何なのか、空のことをどう思っているのか、物語が加速していきます。そして、空の母親が波乱を巻き起こす。 果たして、彩花と空は一緒にいることができるのか…『ロンリーガールに逆らえない』14話の感想ここに来て、さらなる波乱が用意されていたとは…本当に面白い。そして、『ロンガル』好きだなとしみじみ感じました。彩花と空のすれ違い・彩花が本当の気持ちに気付くところ・彩花の気持ちを受け入れる覚悟がまだできていない空・空の母親という名のサプライズといくつもの強みがあった。彩花と空の距離感が本当にたまらない。 一つ一つステップアップしていくところも愛おしく感じてしま…

続きを読む

【感想】『君と綴るうたかた』1巻~線香花火のような儚さを感じる百合~

小説を書き綴る少女とクラスの人気者の少女が織りなす一夏の思い出を描いた『君と綴るうたかた』。作者は『イケメンすぎです紫葵先パイ!』のゆあま先生で単行本の発売を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?今回は『きみつづ』こと『君と綴るうたかた』1巻の感想と魅力について紹介します。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』1巻の感想『君と綴るうたかた』1巻の魅力『君と綴るうたかた』1巻の特典『君と綴るうたかた』5話で登場した水族館最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』1巻作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社発売日2021年1月18日ゆりひめ@ピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077発売日2021年1月18日ISBN-104758022011ISBN-13978-4758022019『きみつづ』1巻に収録されている内容は以下の通り。1~5話3.5話あとがきストーリーをザックリ説明するとこんな感じになります。物語の始まりは主人公の星川雫が書いた一つの小説。 同級生の朝香香織が雫の小説を大絶賛!新たに小説を書かないのかという香織の問いに雫は書かないと答える。それを聞いた香織は小説を書いてもらうため、ひと夏限定で付き合わないかと提案。雫と香織の物語が今、幕を開ける!前作の『イケメンすぎです紫葵先パイ!』とは雰囲気がガラッと変わっており、驚いた方も多いと思います。 自分もその中の1人です。『君と綴るうたかた』1巻の感想1話から百合姫…

続きを読む