【感想・考察】『音のレガート』7話~公から個・個から公へ~

『音のレガート』7話の感想とポイントを紹介します。作品をおさらいしたり、作品を触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『音のレガート』7話の内容『音のレガート』7話の感想アンサンブルに必要なもの音の場合万里の場合柚季の場合葵の場合桜の場合深咲先生の場合音達が訪れたファミレス最後に 基本情報タイトル『音のレガート』7話サブタイトル次に目指す場所作者すいと(@tiguhagu_metro)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年10月号出版社芳文社発売日2021年8月24日ISBN4910082711014 『音のレガート』7話の内容『音のレガート』7話は、市民音楽祭を経験した音達が8月末のソロコンを次の目標にする話。アンサンブル部のレベルを上げるため、個々の課題に向き合い、レベルアップしていく様子が描かれていました。 柚季の兄・光揮(みつき)の登場・音のトランペットと秘められた才能・桜と葵の道と物語に変化を与える要素が盛りだくさん!テーマを挙げるとするなら、「個」・「ソロコン」・「仲間だけどライバル」といったところでしょう。 今まで、5人で仲良く演奏していましたが、今回は深咲先生の提案により5人バラバラに。 ソロコンでの経験を通し、音達はどんな成長を遂げるのか。そして、ソロコンで得た全てをアンサンブルという形にできるのか。深咲先生の秘策が吉と出るか・凶と出るかは音達次第。『音のレガート』7話の感想1人は4人のために・4人は1人のためにというのを感じさせる回だったと思う。One for…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』10話~寂しさを帯びる凪紗と茉白~

『アネモネは熱を帯びる』10話の感想とポイントを紹介します。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『アネモネは熱を帯びる』10話の内容『アネモネは熱を帯びる』10話の感想茉白の欠席家族に愛されている茉白茉白の手を握る凪紗部屋に置かれたソファ茉白の大好きの一言を受けた凪紗の回答最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』10話サブタイトル素直に作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年10月号出版社芳文社発売日2021年8月24日ISBN4910082711014 『アネモネは熱を帯びる』10話の内容『アネモネは熱を帯びる』10話は、テストを終えた凪紗が風邪を引いた茉白のお見舞いに行く話です。茉白の前だと、ドキドキを隠せない凪紗。 茉白との距離がゼロになった瞬間、凪紗の口から予想外の言葉が…濃厚百合がさらに加速していく。『アネモネは熱を帯びる』10話の感想圧倒的な濃厚百合という鉄槌で頭をガーンッ!!といかれましたね…怒涛の勢いで畳み掛けつつも、繊細で尊い描写を連打するとか強過ぎるわ。凪紗が茉白のお願いで茉白の手を握るところはもちろん、ソファに関するエピソードも温かく、尊いところもたまらない。最初から最後まで濃厚百合を堪能できる良い回だと思う。話を一通り振り返ってみると、終始、茉白のペースでしたね。 茉白の熱にやられちゃっていた気がする、凪紗。後、冒頭で茉白が休みだと1日が長いと感じる凪紗も印象的だった。 茉白のい…

続きを読む

【感想・考察】『君と知らない夏になる』1話~逃避行という名の冒険譚~

『君と知らない夏になる』1話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と知らない夏になる』1話の内容『君と知らない夏になる』1話の感想思うようにいかない就活就活を辞めるはるひーちゃんの好きなフレーバーひーちゃんの覚悟七瀬の過去ひーちゃんのバイク最後に 基本情報タイトル『君と知らない夏になる』1話サブタイトルつまらない人生にさよなら作者きぃやん(@keyyan)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017配信【ブックウォーカー】etc 『君と知らない夏になる』1話の内容『君と知らない夏になる』は就活に嫌気がさした大学生・西宮はるが恋人のひーちゃんと共に小さな島へ逃避し、愛を深め合う様子を描いた逃避行兼冒険百合漫画。内定を獲得できないはるは、全てを投げ出し、ひーちゃんと共に新生活を始めます。 はるとひーちゃんがいちゃついている間に、ひーちゃんのバイクが謎の女性に持っていかれる波乱の展開。果たして、はるとひーちゃんは、小さな島でどんな経験をしていくのか。 2人の逃避行と冒険のはじまり、はじまり。作者は、『サラダボウル』や『おとなりの天涯』といった百合漫画を生み出したきぃやん先生です。『君と知らない夏になる』1話の感想まず、きぃやん先生に言いたいことがあるので、それを言おうと思う。オカエリナサイコミックウォーカーで『おとなりの天涯』を発表した際も驚い…

続きを読む

【感想】『ガンバレッド×シスターズ』20話~しばしの別れ~

『ガンバレッド×シスターズ』20話の感想とポイントを紹介します。話をおさらいしたり、作品を触れるきっかけになれば幸いです。名残惜しい。【目次】基本情報『ガンバレッド×シスターズ』20話の内容『ガンバレッド×シスターズ』20話の感想フルムーンインパクトぶつかり合う魂戦いを終えてノエルとの姉妹喧嘩は終わらない最後に 基本情報タイトル『ガンバレッド×シスターズ』20話作者ミトガワワタル(@mitogawawataru)掲載誌サンデーGX2021年9月号出版社小学館発売日2021年8月19日ISBN4910041250912サンデーうぇぶりhttps://www.sunday-webry.com/detail.php?title_id=988配信【ブックウォーカー】etc 『ガンバレッド×シスターズ』20話の内容『ガンバレッド×シスターズ』20話は、ノエルとの最終決戦とその後の出来事が描かれていました。それぞれの想いがぶつかり合った瞬間、大きな衝撃が発生する。 暗い夜を超え、朝日を見ることができるのか。『ガンバレッド×シスターズ』20話の感想正直、まだ実感が沸かない。何となく察しつつも、まだまだ続くといった部分もですね。マリアとドロシーの百合は尊いし、たった一度だけ見せたマリアとノエルのハグは温かい。見どころが多いのに加え、これまでのエピソードを振り返られる内容に仕上がっていたと思う。ドロシーやノエルの全てを受け止めるマリアは、本当に強いなと。 全てがハッピーエンドではないものの、マリアとドロシーは確…

続きを読む

【感想・考察】『セメルパルス』番外編~想像以上に濃い番外編~

『セメルパルス』番外編の感想に加え、作中のポイントについて語っていきます。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『セメルパルス』番外編の内容『セメルパルス』番外編の感想子供ができたら最後に 基本情報タイトル『セメルパルス』番外編サブタイトル二日前作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017マガポケhttps://pocket.shonenmagazine.com/episode/13933686331624262847配信【ブックウォーカー】etc 『セメルパルス』番外編の内容『セメルパルス』番外編は、命乃と様子が帷達と激突する2日前の出来事。真矢から命乃の出生に関する話を聞いた後ですね。濃厚なやり取りを繰り広げる命乃と様子は、子供ができたら、命(めい)と名付けることを決意します。『セメルパルス』番外編の感想命乃と様子の濃厚な百合、ドキドキさせられっぱなしだった…最初から最後までゼロ距離で決める!といった感じがしなくも。 うん、語彙力がゼロになる。命乃と様子のアツいやり取りの後、意味深なやり取りをしていたのも印象に残る。 子供ができる前提で話しているような。 命乃と様子は、今後の未来みたいなのを察していたのかなと思ったり。 最も、本編の最悪な展開は予想していなかったようですが…怒りと絶望から一変して、甘々のお熱い百合が堪能できる回で個人的には満足した。 本編に…

続きを読む

【感想】『ラブライブ!スーパースター!!』5話~可可とすみれの百合からの千砂都のサプライズ~

『ラブライブ!スーパースター!!』5話の感想を紹介します。【目次】『ラブライブ!スーパースター!!』5話の内容『ラブライブ!スーパースター!!』5話の感想最後に 『ラブライブ!スーパースター!!』5話の内容『ラブライブ!スーパースター!!』5話は、かのん達がサニーパッションに神津島で行われるスクールアイドルライブのゲストに呼ばれる回。【ストーリー更新】TVアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」 第5話「パッションアイランド」のあらすじを公開しました🌴⇒ https://t.co/2yyAnlw0M7第6話の放送は9月5日(日)19時からとなります❗お楽しみに💗8月29日(日)19時~はLiella!生放送です☀こちらもお楽しみに❣#lovelive #LIella pic.twitter.com/NMXNlDdXUz— ラブライブ!シリーズ公式 (@LoveLive_staff) August 22, 2021果たして、かのん達は神津島でのライブを成功させられるのか。 そして、ダンス大会を控えた千砂都のカバンには退学届が。『ラブライブ!スーパースター!!』5話の感想ハァ…感情の大渋滞が起きてる。可可とすみれの百合もヤバいし、かのんと千砂都のやり取り、千砂都の決意もヤババだわ。可可とすみれが腕相撲していた時のやり取り、実質キスしたも同然だろと。 すみれが可可に息を吹きかけるシーンは破壊力抜群だった。 可可が陥落するのも無理はない。可可がすみれのグソクムシにハマっていたのも印象的。 こうして見ると…

続きを読む

【感想・考察】『君と綴るうたかた』13話~再会~

『君と綴るうたかた』13話の感想と話のポイントを紹介します。話をおさらい・作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』13話の内容『君と綴るうたかた』13話の感想約束の日雫のエゴ勝負服目的地に近づくたびに運命の再会最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』13話サブタイトル「往路」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』13話の内容『きみつづ』13話は、雫と夏織がるりの待つ横浜へ向かう話。夏織と一緒に歩くため、雫は前を向きます。ちなみに、雫と夏織の足跡はおそらく、JR茅ヶ崎駅 ↓ JR横浜駅 ↓ 横浜高速鉄道みなとみらい線横浜駅 ↓ 横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅 ↓ 臨港パークといったところでしょう。 雫達の住んでいる所が湘南の方だと考えると、JR茅ヶ崎駅からスタートして、みなとみらいの方に向かったのかなと考えられました。 サザンビーチが描かれていましたし。 臨港パークと考えたのは、海とレインボーブリッジが見えるのと、灯の形状から。『君と綴るうたかた』13話の感想ついにこの時が来たかという感じの回でしたね。よく雫と夏織の申し出に応じたなと…おそらく、るりも雫に言いたいことがある・謝りたいことがあると感じ、雫…

続きを読む

【感想】『セメルパルス』3巻~百合とバトルと絶望の三重奏~

『セメルパルス』3巻を買ったので、感想から推せるポイント、特典について紹介します。気になる方は是非、チェックしてください!【目次】基本情報『セメルパルス』3巻の内容『セメルパルス』3巻の感想『セメルパルス』3巻の推しポイント『セメルパルス』3巻の特典最後に 基本情報タイトル『セメルパルス』3巻作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社収録話数10~15話発売日2021年8月18日ISBN-10475802278XISBN-13978-4758022781マガポケhttps://pocket.shonenmagazine.com/episode/13933686331624262847配信【ブックウォーカー】etc 『セメルパルス』3巻の内容『セメルパルス』3巻は、人型との戦いから、防壁師と壊獣の全面対決の始まりまでが収録されています。命乃と様子の百合がパワーアップしているのはもちろん、待ち受ける衝撃の展開の数々!!命乃と様子の運命や如何に!『セメルパルス』3巻の感想内容が濃い1冊ですね。荻野先生がTwitterでちゃんと他に無いヘンな漫画に仕上がってきたと言っていたけど、一言で言うなら唯一無二の作品だと感じている。 もし、『セメルパルス』の連載が終了した後、コミック百合姫で『セメルパルス』のような作品に出会えるかどうか分からない。バイアスが掛かっているのもあると思うけど、命を燃やして作られた作品だと言いたい。中身の濃さもそうだけど、表紙や帯に書かれた言葉のチョイス、カバ…

続きを読む

【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』13話~三寒四温な百合~

『私の推しは悪役令嬢。』13話の感想とポイントになる部分を紹介します。話をおさらいまたは作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『私の推しは悪役令嬢。』13話の内容『私の推しは悪役令嬢。』13話の感想創立記念祭の出し物レーネの兄レイとクレアの初ミッション13話のMVP最後に 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』13話サブタイトル騎士団での初仕事漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/配信【ブックウォーカー】etc 『私の推しは悪役令嬢。』13話の内容『わたおし』13話は、レイとクレアが学院騎士団として最初のミッションに挑む話。果たして、レイとクレアは夜の学院をうろつく者の謎を解き明かせるのか!初めての創立記念祭・平民と貴族の対立・さらに縮まるレイとクレアの距離。 楽しい学院生活の裏に不穏な動き。 レイとクレアの活躍に目が離せない。『私の推しは悪役令嬢。』13話の感想夜の学校で繰り広げられるレイとクレアの百合、アツかったですね。レイの用意周到さよ… バッチリ温めておきました感がすごいする。それにしても、レイの作るスイーツは食欲をそそられる。レイのフォンダン・オ・ショコラとか見ていると、マチ★アソビCAFEのコラボカフェとか期…

続きを読む

【感想・考察】『今日はカノジョがいないから』3話~ゆににプライバシーなし~

『今日はカノジョがいないから』3話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『今日はカノジョがいないから』3話の内容『今日はカノジョがいないから』3話の感想部屋で1人悩むゆに楽しいはずの夏祭りゆにを見守り続ける風羽子ゆにと七瀬を乱す雪七瀬の過去最後に 基本情報タイトル『今日はカノジョがいないから』3話サブタイトル迂闊作者岩見樹代子(@okome103)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017配信【ブックウォーカー】etc 『今日はカノジョがいないから』3話の内容『今日はカノジョがいないから』3話は、ゆにと七瀬が付き合っていることを風羽子に知られる回。楽しい夏祭りもゆにと七瀬を取り巻く人間達によって…それぞれの恋心と思惑が複雑に絡み合う!複雑な恋模様がさらに加速する!!『今日はカノジョがいないから』3話の感想岩見先生の凄さが思う存分発揮されていた。ゆにの悩まし気な表情・ゆにと七瀬の百合・ゆにを見守る風羽子・スマホに映る写真の数々・気合がかった背景の数々といくつもの強みがあったと思う。ゆにの七瀬に対する想いが爆発していましたね。岩見先生の描き込み具合と百合の魅せ方は、本当に凄い。被写体をより魅力的に魅せようとしている感じがする。 『ルミナス=ブルー』の時にあったカメラという要素もスマホという形でしっかり受け継がれていますね。ゆに・七瀬・風羽子の三…

続きを読む