【感想】『ホレンテ島の魔法使い』2巻~隣で歩いてくれる人がいれば魔法はいらない~

『ホレンテ島の魔法使い』2巻を読んだので、感想を紹介します。目次 基本情報『ホレンテ島の魔法使い』2巻の内容『ホレンテ島の魔法使い』2巻の感想『ホレンテ島の魔法使い』2巻のラストを読み終えてこんなことも考えていた最後に 基本情報タイトル『ホレンテ島の魔法使い』2巻作者谷津(@yatu_seisakusho)掲載誌まんがタイムきららMAX出版社芳文社収録話数14~26話発売日2022年3月25日ISBN-104832273566ISBN-13978-4832273566サイズA5(14.8x1.1x21cm)配信【ブックウォーカー】etc 『ホレンテ島の魔法使い』2巻の内容『ホレンテ島の魔法使い』2巻は、あむは仲間達と共に空飛ぶ魔法使いを見つけ、捕まえる様子が描かれていました。不思議な島を舞台にした物語も幕が下ります。『ホレンテ島の魔法使い』2巻の感想あむ達の可愛い姿や魔法や歌を披露するところはもちろん、じっくり腰を据えて読み進めて、いろいろ考え、悩んだりするのが楽しい百合漫画だなと感じた。能動的にいろいろ考えたりするきっかけが得られる。 後、細かい小ネタとか遊び心溢れるところも『ホレンテ島の魔法使い』を読んでいて好きな部分。 人によっては、とことんハマれるタイプの作品だと思う。「それ、ドラクエだから!」とか「かるて!ニュータイプなの???」とかツッコみそうになった。こういった表現もできるんだ!とビックリする描写がいくつもあって、そこは買って良かった部分かな。 個人的には、あむとこっこが東京のラ…

続きを読む

【感想・考察】『最果てのともだち』12話で描かれたキヨの不安とクラス替えについて

『最果てのともだち』12話の感想と考察を紹介します。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『最果てのともだち』12話の内容キヨの夢桜の下でのアサヒとキヨのやり取りクラス替えアサヒのともだちアサヒを待つキヨ最後に 基本情報タイトル『最果てのともだち』12話サブタイトル春のおとずれ作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年5月号出版社芳文社発売日2022年3月24日ISBN4910082710529 『最果てのともだち』12話の内容『最果てのともだち』12話は、アサヒが5年生に進級し、ユウと友達になる様子が描かれていました。アサヒとユウが友達になる一方、キヨは不安を募らせていく…キヨの夢キヨにとって、ショッキングな夢からスタートしたわけですが、キヨにとってはショックとしか言い様が無かったですね。初っ端からインパクト抜群な描写を持ってくるとは…アサヒの一言、一言が重いんですよ。アサヒが中学校に進学すること・キヨが小学校を卒業できないことは、残酷な現実。 キヨの目の前にあるドアが閉まっていく描写が描かれていましたが、そのドアが分厚く見えなくも。序盤の引きが本当に強い。 「約束してくれたもの」というキヨのセリフが夢のショッキングさを物語っていたと思う。指切りしたから絶対大丈夫だと自分に言い聞かせ、不安な気持ちを押しつぶそうしていたのかなと。中学校に通うことになったら、廃校に訪れる時間や機会がどのくらいあるのかも気になるところです…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』3話の解説

まんがタイムきららキャラット2022年5月号にゲスト連載されていた『メールブルーの旅人(エトランゼ)』の3話の感想と作中登場した舞台について触れていきます。連載決定、めで鯛。目次 『メールブルーの旅人』3話の内容『メールブルーの旅人』3話の感想『メールブルーの旅人』3話の解説最後に 『メールブルーの旅人』3話の内容『メールブルーの旅人』3話は、ハカセとクマノミが本の洞窟でえとうピリカと出会い、シレーヌシステムや本の洞窟のこと、ハカセの祖父であるジェンツーについて話をする様子が描かれていました。 別れ際、ピリカからアドレスを渡されたクマノミ。 そして、ハカセの新たにやりたい事とは一体…『メールブルーの旅人』3話の感想まずは、この一言が出てくる。連載決定おめでとうございます!!ハカセとクマノミの探査がさらに見られるというのは、単純に嬉しい。 どんな発見をするのか、何を成し遂げるのかワクワクする。肝心の3話なのですが、これまで同様に内容が奥深いし、新キャラのピリカが見ていて楽しい。 ピリカとのやり取りを見る限り、クマノミが訪れた本の洞窟に再訪するんだろうなと。 ピリカとの再会も思っている以上に早そう。本の洞窟の中にハカセのやりたいことを実現させるヒントが見つかるのかどうか気になりますね。クマノミのリアクションやツッコミも面白かった。 特に、本に囲まれて過ごしているピリカが恋人が一杯いる感じがすると言った際、「たくさん恋人がいるなんてさすがに不純だと思います」という一言は、表情も相まってインパクト大だっ…

続きを読む

【感想】『ななかりプレシャス』で描かれていたせっつーの果林先輩愛が熱かったんだが

『ななかりプレシャス』の感想を紹介させていただきます。目次 基本情報『ななかりプレシャス』の内容『ななかりプレシャス』の感想ちなみに最後に 基本情報タイトル『ななかりプレシャス』作者田中らぶリ~な♪(ざこ)(@ohohonohoho)サークル名zacocomジャンル『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』イベント僕らのラブライブ! 33発売日2022年3月21日サイズA5 『ななかりプレシャス』の内容『ななかりプレシャス』は、期末テストで赤点を取るかもしれない果林先輩の面倒をせっつーが見る話が描かれています。 お泊りを通して、せっつーと果林先輩が絆を深めていきます。『ななかりプレシャス』の感想ラストのせつかりのやり取り・せっつーのキレのあるツッコミ・野球拳形式で問題を出し合って間違いを連発した果林先輩が印象に残った。 尊さあり・笑いあり・ハプニングありの1冊に仕上がっていたと思う。ベッドでせっつーが果林先輩に心情を吐露していた場面が『ななかりプレシャス』の中でベストシーンだった。その後、果林先輩がせっつーにハグしていたのが尊い… せつかり、良いな。果林先輩が全裸になった時に描かれていたモザイク、どこかで見たような気が… 初見の時、二度見した自分がここにいる。テストで赤点回避と聞くと、μ'sを思い出す。 のんちゃんが無双していたような。後、あとがきのイラストを見て、クスッとしましたね。 東京都:なかがわななちゃん(4)の一文がズルい。ちなみに『ななかりプレシャス』では、クマ5号先生と七草…

続きを読む

【感想】『ケイヤクシマイ』1話の怒涛の展開に驚かされたんだが

コミックキューンで連載開始となった『ケイヤクシマイ』。気になっていたので1話を読んでみたわけですが、ありかなしかで言ったら、ありだなと感じた自分がいます。 今回は、『ケイヤクシマイ』1話の感想と気になったところをいくつか紹介していきます。目次 『ケイヤクシマイ』1話の内容『ケイヤクシマイ』1話の感想雨の中でファミレス前にいためぐるめぐるの家族契約書の内容最後に 『ケイヤクシマイ』1話の内容とある会社で働いている早藤香沙音(はやふじかざね)は、ファミレスでバイトとして働いている青山めぐるに夢中。 そんなある日、雨の中で佇んでいるめぐるを助ける香沙音。 めぐるは、香沙音に契約姉妹の話を持ち掛け、自分のお姉ちゃんになってくれないかと言います。 香沙音は、めぐるのお願いに応じることに。香沙音とめぐるの新しい生活が幕を開けます。『ケイヤクシマイ』1話の感想まず感じたことは、シンプルに面白かった。 香沙音とめぐるの関係がどう発展していくかが気になる。刺さる人、多かったんじゃないかなと思う。 尊さあり・驚きあり・笑いあり・考察のし甲斐ありとポテンシャルが高いなと感じている。契約書が無くても一緒にいられる時が来る時が訪れるのだろうかと感じた自分がここに… 香沙音とめぐるの関係が紙1枚だけの関係で終わるわけないと信じたい。1話を読んでいて、魅力的だなと感じたのは以下の3つ。香沙音とめぐるの距離感・関係性香沙音の豊富なリアクションめぐるのミステリアスな雰囲気契約で結ばれた関係というのも相まって、ドキッとしつつも、微…

続きを読む

【感想】『Listen up!スカーレットハート』のせつかりが尊すぎた…

『Listen up!スカーレットハート』の感想を紹介させて頂きます。目次 基本情報『Listen up!スカーレットハート』の内容『Listen up!スカーレットハート』の感想ちなみに最後に 基本情報タイトル『Listen up!スカーレットハート』作者クマ5号(@Kinasuzu55)サークル名万能駒込ピペットジャンル『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』イベント僕らのラブライブ! 33発売日2022年3月21日サイズA5 『Listen up!スカーレットハート』の内容『Listen up!スカーレットハート』は、かすみん達に果林先輩とデートをしていたことを知られたせっつーが果林先輩に自分の想いをぶつける様子を描いた同人誌。 かすみん達の後押しも相まって、せっつーと果林先輩は良い感じに…クマ5号先生が以前描いた『センパイがエスコートしてあげる』の続編に相当します。 話の内容自体は、『センパイがエスコートしてあげる』を読んでいなくても、入っていけるようになっています。 せつかりの魅力を堪能できるそんな1冊です。『Listen up!スカーレットハート』の感想せつかり、尊い…せっつーが果林先輩に対してアグレッシブになるところや果林先輩のせっつーを独り占めしたいという気持ちを丁寧に描いていたのではないかと感じた。 果林先輩の「食べちゃいたい」というセリフ、あれはマジだと解釈してる。 せっつーのほっぺに手を持っていくのも自然だったな。極めつけは、果林先輩に告白されたせっつーが果林先輩…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』10話に描かれていた丹の忠誠心が尊いんですよ

『あなたが私を照らすから。』10話について語っていこうと思います。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 『あなたが私を照らすから。』10話の内容『あなたが私を照らすから。』10話の感想怜里の選球眼嫉妬の炎をたぎらせて怜里の隣にいて良いのは丹だけ最後に 『あなたが私を照らすから。』10話の内容『あなてら。』10話は、旅館で羽を伸ばしていた怜里と丹が旅館のお手伝いをする話。 丹の怜里に対する忠誠心について掘り下げられています。『あなたが私を照らすから。』10話の感想丹が大活躍していた印象が強い。 もちろん、怜里も活躍していたし、魅力的なシーンが一杯あった。 それでも、10話の場合、丹のアクションや心理描写の方が個人的に好きだったりする。ここは、人によって異なると思いますが…『あなてら。』10話は、丹の怜里に対する熱い想いを1話丸々使った回だったと思う。怜里と丹の百合がより好きになった。 ラストに描かれていた丹の忠誠心と優しさにノックアウトされた。後、怜里のひとつひとつの所作が綺麗で笑顔も可愛い。仲居さんに丹を信頼していることを語るシーンで丹に対する信頼感もビシビシ伝わってくる。 丹と映画を見ていて寝落ちしていたのを察するに、隙を見せられるのは丹だけなんだろうなぁと。怜里の選球眼怜里が1人1人の適性を見て、旅館の業務をサポートしていたのは、見どころのひとつです。感想のところでも触れましたが、宿泊客に対応していた時の所作が本当に綺麗で怜里の魅力が活きていたのではないかなと。 …

続きを読む

【感想】『電撃!ボードゲーム!』~ボードゲームをやりたい気持ちをそそらせる1冊~

『電撃!ボードゲーム!』の感想を紹介させて頂きます。目次 基本情報『電撃!ボードゲーム!』の内容『電撃!ボードゲーム!』の感想ちなみに最後に 基本情報タイトル『電撃!ボードゲーム!』作者荒(@kou7303)サークル名ぶっころりジャンル『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』イベント僕らのラブライブ! 33発売日2022年3月21日サイズA5 『電撃!ボードゲーム!』の内容ボードゲーム同好会の宣伝動画を撮ることになったニジガクメンバーが活躍する様子を描いた同人誌。 かすみん・せっつー・果林先輩・りな子が登場します。ボードゲームをプレイしていく中で予想外のハプニングが!『電撃!ボードゲーム!』の感想かすみん・せっつー・果林先輩がボードゲームをワイワイ楽しむ様子に癒された… 見ていて、ボードゲームやりたくなる。 せっつーが提案したゲームを見て、『アサルトリリィ』や『ゆるキャン△』、『五等分の花嫁』のゲームがなぜか頭に浮かんだ。かすみん達のリアクションが豊富で見ていて、楽しい。 そして、予想外のハプニングで読み手をクスッとさせていたのも印象的だった。 試合には勝ったけど、勝負には負けたというのは、こういうことかと感じさせる場面が二度も…個人的にツボだったのは、「キャプテンリナ」で果林先輩の負けが確定した時のかすみんの表情。 いろいろな意味で悔しいといった表情がジワる。 せっつーのウブなところも捨てがたいですが。「キャプテンリナ」の説明をしていた時のりな子も可愛い。かすみん・せっつー・果林先輩…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』17話で描かれていた凪紗と茉白が何とも言えなかった

『アネモネは熱を帯びる』17話の感想を紹介します。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』17話の内容『アネモネは熱を帯びる』17話の感想大切なのは最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』17話サブタイトル繋がり作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年5月号出版社芳文社発売日2022年3月24日ISBN4910082710529 『アネモネは熱を帯びる』17話の内容『アネモネは熱を帯びる』17話は凪紗の家に訪れた茉白が高校受験当日に自分を助けてくれたのが凪紗だということを知った回。驚きを隠せない凪紗と茉白。 凪紗と一緒にいてはいけない茉白は、凪紗の下を去ってしまうのであった…『アネモネは熱を帯びる』17話の感想凪紗ァーーー!!!茉白ォーーー!!!と叫びたくもですね。 ここで茉白が自分を助けたのは凪紗ということ知るエピソードを持って来たか。 ドキッとする描写や尊いシーンを持って来てからの谷底に突き落とす感じが何とも言えん。咲と雫の一言、一言が茉白の心をグサグサ刺していたな…咲と雫のリアクションが印象に残った。 可愛いシーンが多かったんですよ。茉白が凪紗の手を振り払うシーンが切ない… 序盤の距離の近さを考えたら尚更。自分を助けたことで凪紗が志望校に行けなかったこと・自分と会っていなかったら本来の志望校に行けたかもしれないというたられば。 茉白にとって辛すぎる… こういった状況に陥った時、ま…

続きを読む

【感想・考察】『ささやくように恋を唄う』31話に描かれていた夏祭りデートにノックアウト

ドデカい打ち上げ花火が上がった…『ささこい』31話の感想を紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『ささやくように恋を唄う』31話の内容『ささやくように恋を唄う』31話の感想最後に 基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』31話サブタイトル夏祭りと、ゆれる気持ち作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)公式アカウント@sasakoi_info掲載誌コミック百合姫2022年5月号出版社一迅社発売日2022年3月18日ISBN4910137390522サイズB5特設サイトhttps://sasakoi-1jinsha.com/digest/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/5758配信【ブックウォーカー】etc 『ささやくように恋を唄う』31話の内容『ささこい』31話は、ひまりと依の夏祭りデート。楽しい思い出あり・ハプニングあり・まさかのサプライズありの回に仕上がっています。『ささやくように恋を唄う』31話の感想この展開を一体どれだけの人が予想していたか!!打ち上げ花火をバックに浴衣姿のひまりと依がキス…どんな打ち上げ花火も目じゃないね。 まさかのハプニングやサプライズが相まって、ひまりと依のキスに全てを持っていかれた。正味、ひまりと依の尊いキスシーンを見るために『ささこい』31話を読んでいたんじゃないかと思う。 余計な言葉はいらない。 只々、尊いの一言に尽きる。この尊さは、どの計算式や証明法を使っても証明でき…

続きを読む