【感想・考察】『ロンリーガールに逆らえない』27話で描かれていた変化したものと変化しないものについて

『ロンリーガールに逆らえない』27話の感想と考察を紹介します。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『ロンリーガールに逆らえない』27話の内容『ロンリーガールに逆らえない』27話の感想変化していくもの変わらないもの修学旅行は最後に 基本情報タイトル『ロンリーガールに逆らえない』27話作者樫風(@Cat2Sora)掲載誌コミック百合姫2022年8月号出版社一迅社編集部のTwitterアカウント@yh_magazine発売日2022年6月17日ISBN4910137390829サイズB5pixiv百合姫https://comic.pixiv.net/works/6552コミックDAYShttps://comic-days.com/episode/3269754496293563921ニコニコ百合姫https://seiga.nicovideo.jp/comic/56066?track=official_list_s1一迅プラスhttps://ichijin-plus.com/comics/2415764406324配信【ブックウォーカー】etc 『ロンリーガールに逆らえない』27話の内容『ロンガル』27話は、テスト期間中の彩花と空の放課後について描かれていました。屋上に続く階段の踊り場で行われた空の「お願い」。変化していく日常の中、彩花と空はどんな学校生活を送るのか。『ロンリーガールに逆らえない』27話の感想彩花と空の甘くスパイシーな百合が飛び込んできて、心拍数が上が…

続きを読む

【感想】『人妻とJK』2巻に描かれていた深月・陽向・葉月の三角関係と早苗の一言がヤバすぎた…

『人妻とJK』2巻を買ったので、その感想を紹介します。気になる方は是非、チェックしてください!目次 基本情報『人妻とJK』2巻の内容『人妻とJK』2巻の感想最後に 基本情報タイトル『人妻とJK』2巻作者焼肉定食(@niku_teisyoku)掲載誌コミックヴァルキリー出版社キルタイムコミュニケーション収録話数9~16話・描き下ろし発売日2022年6月8日ISBN-104799216503ISBN-13978-4799216507サイズB6(12.8x1.6x18.2cm)配信【ブックウォーカー】etc 『人妻とJK』2巻の内容『人妻とJK』2巻では、深月・陽向・葉月の複雑な三角関係について掘り下げられていました。花火大会にケーキ作りとイベント盛りだくさん。 巻き起こる予想外のハプニングの数々。 そして、陽向の攻めもさらにパワーアップ!『人妻とJK』2巻の感想焼肉定食先生、攻め過ぎだと思います!と叫びたい。どこを切っても濃い描写が飛び込んでくる。 陽向の攻めの威力が回を重ねるごとにパワーアップしているなとしみじみ感じるばかり。 『アンドロイドは経験人数に入りますか??』も思わずドキドキしてしまう描写が多かったなと頭によぎった。濃厚なやり取りや複雑になった人間関係を描きつつ、深月達の繊細な心理描写を上手い具合に盛り込んでいて読み応えのある1冊になっていたんじゃないかなと。どういった形になると、深月達は幸せになれるのだろうかとか読んでて疑問に感じたところ。 焼肉定食先生がどんなエンディングを描くのか…

続きを読む

【感想】『少女たちの痕にくちづけを』1巻~血よりも濃い百合を~

『少女たちの痕にくちづけを』1巻の感想を紹介します。気になる方は、チェックしてください!目次 基本情報『少女たちの痕にくちづけを』1巻の内容『少女たちの痕にくちづけを』1巻の感想『少女たちの痕にくちづけを』1巻の特典最後に 基本情報タイトル『少女たちの痕にくちづけを』1巻作者春花あや(@ayamaayaaya)掲載誌コミックNewtype出版社KADOKAWA収録話数1~5話・描き下ろし発売日2022年6月10日ISBN-104048111779ISBN-13978-4048111775サイズB6(12.8x1.3x18.2cm)コミックNewtypehttps://comic.webnewtype.com/contents/kizuato/配信【ブックウォーカー】etc 『少女たちの痕にくちづけを』1巻の内容『少女たちの痕にくちづけを』は、深い深い森の奥にある学園を舞台に吸血少女達の学園生活や恋、残酷な運命を描いた百合漫画。14歳になったエミル・フローレンスは、学園の姉妹制度により、イブ・ウィンターと姉妹関係を結びます。 吸血鬼としての生き方を知ったエミルに待ち受ける残酷な運命。血よりも深く、濃い関係になったエミルとイブは様々な出来事を通して絆を深めていく。『少女たちの痕にくちづけを』1巻の感想血よりも濃い結びつきを描いた百合、良いなと感じたのが『少女たちの痕にくちづけを』1巻を読んだ主な感想。さまざまな形の姉妹関係が見られるところは作品の魅力だと思う。血と恋が吸血少女の運命を狂わせていく。…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』3巻の解体新書~感想から特典の解説まで~

『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容・感想・特典について語っていきます。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容『アネモネは熱を帯びる』3巻の感想『アネモネは熱を帯びる』3巻の特典アニメイトメロンブックスメロンブックス(有償)1・2巻との同時購入特典(メロンブックス)ゲーマーズこみらの!あみあみCOMIC ZINetcまんが王まんが王(有償)最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』3巻作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード出版社芳文社収録話数13~18話・描き下ろし発売日2022年6月10日ISBN-10483227371XISBN-13978-4832273719サイズB6(18.2x12.8x1.2cm)配信【ブックウォーカー】etc 『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容『アネモネは熱を帯びる』3巻では、凪紗と茉白が気持ちを通じ合わせ、恋人同士になるまでの過程が収録されています。 凪紗と茉白の百合だけでなく、水希と朱里の百合・愛明と凛理の百合について触れられているのも特徴的。夏休みに皆で海を満喫する様子が楽しめるのもポイントです。13~18話の細かな内容については各回の感想をチェックして頂けたらなと。13話14話15話16話17話18話 『アネモネは熱を帯びる』3巻の感想「大好き」が始まる1冊だったと思う。 3通りの大好きが描かれていて、各キャラクターの魅力が引きだされていたんじゃないかなと。凪紗と茉白の豊…

続きを読む

【感想・考察】『きもちわるいから君がすき』7話で描かれていたSolitude Rainがヤバすぎたんだが

『きもちわるいから君がすき』7話を読んでいたら「Solitude Rain」が脳内に流れてきたので、感想と考察について語っていこうと思います。目次 基本情報『きもちわるいから君がすき』7話の内容『きもちわるいから君がすき』7話の感想『きもちわるいから君がすき』7話を掘り下げる雨の日ならではのイベントなんだよ靴下脱ぎ脱ぎがヤバい依子のミッションインポッシブル透は心配しなくても依子には司がいないとダメなんですよ司の千里眼司には依子がいないとダメなんですよ本当におかしいのは最後に 基本情報タイトル『きもちわるいから君がすき』7話作者西畑けい(@nishihatak)掲載誌まんがタイムきらら2022年7月号編集部のTwitterアカウント@mangatimekirara出版社芳文社発売日2022年6月9日ISBN4910083450721サイズB5きららベースhttps://seiga.nicovideo.jp/comic/58241 『きもちわるいから君がすき』7話の内容『きもちわるいから君がすき』7話では、雨の日の司と依子が描かれていました。司と依子の相合傘は傍から見ると微笑ましいけど、角度を変えるときもちわるさ全開!きもちわるさ×きもちわるさ×きもちわるさ=きもすぎQ.E.D.『きもちわるいから君がすき』7話の感想『きもすき』、きもすぎーーーーーーーー!!!!!!この一言がまず出てきますよ。だけど、作品から滲み出るきもちわるさは嫌いじゃない。読んでいて、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同…

続きを読む

【感想・考察】『うちの師匠はしっぽがない』8巻で描かれていた三つ巴の戦いについて

『うちの師匠はしっぽがない』8巻の感想と考察を紹介しようと思います。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『うちの師匠はしっぽがない』8巻の内容『うちの師匠はしっぽがない』8巻の感想三ん生の強さしららの存在三ん生が奪えなかった噺『うちの師匠はしっぽがない』8巻の特典最後に 基本情報タイトル『うちの師匠はしっぽがない』8巻作者TNSK(@tnsk)アニメ公式アカウント@shippona_anime掲載誌good!アフタヌーン出版社講談社収録話数35~38話発売日2022年6月7日ISBN-104065282187ISBN-13978-4065282182サイズB6(13x1.3x18.3cm)公式サイトhttps://afternoon.kodansha.co.jp/c/uchinoshisho/アニメ公式サイトhttps://shippona-anime.com/配信【ブックウォーカー】etc 『うちの師匠はしっぽがない』8巻の内容『うちの師匠はしっぽがない』8巻は、文狐師匠を救うため、まめだが東京に向かい、一世一代の寄席を披露する話が描かれていました。まめだの良きライバルであるしららが闘志を燃やし、猩猩亭三ん生(しょうじょうていさんしょう)がまめだ達に牙を剥く。作太郎に結婚を迫られている文狐師匠をまめだは救い出すことができるのか。『うちの師匠はしっぽがない』8巻の感想見応え十分の文句なしの1冊だった。 まめだ・しらら・三ん生による三つ巴の戦い、アツ過ぎる。大きな山をいくつも用意して…

続きを読む

【感想・考察】『わたしはサキュバスとキスをした』21話におけるこのみの選択について

『わたしはサキュバスとキスをした』21話を読んだけど、このみと希のやり取りが真っ先に浮かぶ。他にも見どころはあったけど、このみと希のやり取りのインパクトが強過ぎるんですよ。 濃厚というかドロドロというか、大嫌いなあの子をグシャグシャにするぞという感じがだな…これまでの過程があったのもより印象的に残ったのだと思う。まぁ、何というか希にふさわしい結末だったのは確かだ。 かつて、このみを狂わせた希。 そして、雪子やフウを狂わせようと考えると、このみの最高で最悪で甘い嫌がらせは希にとって最高のプレゼントとしか言いようがない。「嫌なヤツの嫌がることをするのは最高に気持ちいいよ」という言葉を実行したんだなこのみ。このみが希にした嫌がらせは単なる吸精ではない。 このみがやったことは恐らく…希に淫紋を施すこと。これ以上にないくらいの嫌がらせかつ愛情だと思う。 一度、施してしまえば、もう解除することはできない。希は生きている限り、他の人間やサキュバスに対し、このみのものだと示すことになる。このみにキスされていた時の希は最初抵抗していたけど、最後は堕ちていた。 もう、このみがいないと生きられないんだろうな。 吸精時に心身を作り変えられているような感覚を覚えた。好きと嫌いは表裏一体。 嫌いだけど、同じぐらい好きな面もあるかなと感じなくもない。嫌いだからこそ、好きだからこそ、全てを奪ってしまいたいと。 かつて、自分から全てを奪った大好きな相手なら尚更だ。全てを奪われた希は、もう誰からも何も奪えない。このみから全てを与えら…

続きを読む

【感想】『たびみまん』1巻~滋賀の魅力を丁寧に描いた一作~

『たびみまん』1巻を読んだので、感想を紹介しようと思います。気になる方は一度チェックしてください!目次 基本情報『たびみまん』1巻の内容『たびみまん』1巻の感想最後に 基本情報タイトル『たびみまん』1巻作者赤樫(@hagane_redoak)掲載誌コミック電撃だいおうじ出版社KADOKAWA収録話数1~7話・特別編発売日2022年2月26日ISBN-104049142503ISBN-13978-4049142501サイズB6(12.8x1.1x18.2cm)コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM06202434010000_68/ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/54573配信【ブックウォーカー】etc 『たびみまん』1巻の内容『たびみまん』は滋賀に住んでいるOLの春川さんと小説家の秋山さんの滋賀での暮らしを描いた百合漫画。 滋賀の名所や名物を満喫し、距離を縮めていきます。1巻では、琵琶湖・栗東・八幡堀・冨田酒造・信楽陶苑たぬき村・宮乃温泉を巡ります。『たびみまん』1巻の感想春川さんと秋山さんのやり取りが見ていて楽しいし、サクサク読める点が良かった。 滋賀の魅力をしっかり伝えている点も良いと思う。 春川さんと秋山さんの距離が縮まっていくところが本当に尊い。互いの好きという気持ちがしっかり伝わってくる。気軽に楽しめる良い作品じゃないかなと。後、秋山さんの口から出るズルいセリフが…

続きを読む

【感想】ゲーマーズ百合部5周年フェアのブックレットに『ロンリーガールに逆らえない』と『アネモネは熱を帯びる』が参戦…

ゲーマーズ百合部5周年記念16Pブックレットに推している作品が載っていると知り、手に入れることに。今回は、『ロンリーガールに逆らえない』・『アネモネは熱を帯びる』を中心にゲーマーズ百合部5周年記念16Pブックレットのことについて触れていこうと思います。目次 ゲーマーズ百合部5周年記念16Pブックレットとは参加作家感想全体の感想『ロンリーガールに逆らえない』『アネモネは熱を帯びる』最後に ゲーマーズ百合部5周年記念16Pブックレットとはゲーマーズ百合部5周年記念16Pブックレットは、ゲーマーズで百合関連書籍を3冊購入すると、配布されるブックレットです。 1冊で多くの百合に楽しめる魅力的な1冊になっています。主に、こういった方におすすめ。推している作家さんがいる方推している百合作品をもっと楽しみたい方新しい百合作品を開拓したい方推している作家さんないし百合作品があるから、ゲットしたという方が多いのではないでしょうか? 自分も推している作家さんが参加しているということで手に入れました。開催期間は、2022年6月3日~2022年7月3日です。参加作家今回、参加している作家さんは、以下の通りです。作家作品赤樫(@hagane_redoak)『たびみまん』伊月クロ(@kur0r0)『彩純ちゃんはレズ風俗に興味があります!』雨水 汐(@siousuisio0057)『女ともだちと結婚してみた。』樫風(@Cat2Sora)『ロンリーガールに逆らえない』かやこ(@kyceef)みかみてれん(@teren_mika…

続きを読む

【感想】『真冬のうさぎ』①~昭和を生きる少女達の恋を描いた百合~

『真冬のうさぎ』①を読んだので、感想を紹介します。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『真冬のうさぎ』①の内容『真冬のうさぎ』①の感想ちなみに最後に 基本情報タイトル『真冬のうさぎ』①作者達磨かえる元帥(@DarumaKaeru)サークル名ビビリカエルイベント関西コミティア64発売日2022年5月22日サイズB5 『真冬のうさぎ』①の内容『真冬のうさぎ』は昭和初期を生きる駿河原鵜鷺(するがはらうさぎ)と横口真冬(よこぐちまふゆ)の恋模様を描いた同人誌。 真冬のために鵜鷺は兵隊になり、戦場に向かいます。 対する真冬は、そんな鵜鷺の帰りを待ち続けます。全ては大好きなものを守るため。 そして、大好きな人が帰ってこれるよう居場所を守るため。それぞれの戦いが幕を開けます。『真冬のうさぎ』①の感想鵜鷺の真冬に対する愛が尊いのはもちろん、真冬の鵜鷺に対する愛も尊い。鵜鷺が辛い仕打ちを受けても、真冬のことを第一に考えるところが特に印象的だった。 本当、カッコいいなと。それに、1人、戦場に向かう鵜鷺を追いかける真冬も熱い。 自分を置いて、どこかに行くなんて許せないというのが伝わってくる。 戦場なら尚更だ。互いの守りたいという想い・大好きという想いをストレートに描いた素敵な百合漫画だと思う。 鵜鷺と真冬の魅力・戦いがしっかり描かれていたのが良かった。鵜鷺と真冬、可愛かったな…ちなみに『真冬のうさぎ』①のゲストに『お菊さんはいちゃ憑きたい』・『スカーレット』などでお馴染みの結野ちり先生が参加しています。…

続きを読む