【感想】『忘れえぬ魔女の物語』~大好きな人と過ごす特別な「今日」を求めてどこまでも~

「今日」を何度も過ごす少女の活躍を描いた『忘れえぬ魔女の物語』。今回は『忘れえぬ魔女の物語』の感想を紹介します。【目次】1.基本情報2.『忘れえぬ魔女の物語』の感想3.『忘れえぬ魔女の物語』の魅力4.最後に 1.基本情報タイトル『忘れえぬ魔女の物語』著者宇佐楢春(@lazulite_drop)イラストかも仮面(@sangsilnoh)出版社SBクリエイティブ文庫レーベルGA文庫発売日2021年1月14日ISBN-104815607702ISBN-13978-4815607708配信【ブックウォーカー】etc『忘れえぬ魔女の物語』におけるテーマを挙げるとするなら、「今日」「仕組まれた未来」「タイムリープ」。百合とSF要素、学園モノを組み合わせた1冊に仕上がっています。ストーリーをザックリ説明すると以下の通り。主人公の綾香は「今日」を繰り返す世界で生きる女の子。 高校で未散(みちる)と出会う。未散は綾香に魔法使いになるとカミングアウト。 未散との出会いが綾香の運命を大きく変える!綾香が未散と一緒にいるために「今日」を生き、最高の未来を掴み取ろうとする様子が描かれているのが特徴的ですね。2.『忘れえぬ魔女の物語』の感想『忘れえぬ魔女の物語』はありかなしかで言ったら、ありだと思う。綾香と未散のやり取りが甘酸っぱく、そして尊い…繊細かつ甘い百合あり・謎解き要素ありと読み応え十分な1冊なんじゃないかなと。物語をいろいろ考察したいといった方にはうってつけ。綾香視点で話を追っていくと話を追っていきやすい気がする…

続きを読む

【感想】『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻~桜の京に集う戦乙女達~

引きこもりの吸血鬼の少女が悪を成敗する様子を描いた『ひきこまり吸血姫の悶々』。主人公、コマリの活躍はもちろん、コマリやヴィル達の百合は多くの方の心を掴んでいます。今回は『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻の感想と魅力について話するので、気になる方は是非チェックしてください!【目次】基本情報『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻の感想『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻の魅力最後に 基本情報タイトル『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻原作小林 湖底(@Xiaolin_Hudi)イラストりいちゅ(@rityulate)出版社SBクリエイティブ文庫レーベルGA文庫発売日2021年1月14日ISBN-104815608903ISBN-13978-4815608903ストーリーをザックリ要約するとこんな感じです。今回の舞台はカルラのいる天照楽土。次の大神を決めるため、カルラは五剣帝が1人、レイゲツ・カリンと争うことに。コマリもその争いに巻き込まれてしまう。そして、天照楽土に暗躍する逆さ月。果たして、天照楽土の運命やいかに!!『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻のキーパーソンであるカルラは3巻にも登場しており、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか? ムルナイト帝国だけでなく、いくつもの国の重要人物が天照楽土で入り乱れます。『ひきこまり吸血姫の悶々』4巻の感想読み応え十分かつ面白い1冊に仕上がっていたのではないかなと。カルラと地獄風車の異名で知られるお祖母様のやり取りが印象的だった。 コマリに負けず劣らずの個性を持ち合わせていました…

続きを読む

ドデカい百合を釣り上げる!『スローループ』の魅力について考える

釣りを通し、家族の絆が深まっていく様子を描いた百合漫画『スローループ』。「次にくるマンガ大賞」にノミネート、アニメ化と勢いを感じさせる作品の一つです。 アニメ化されるということもあって気になっている方も多いのではないでしょうか?今回は『スローループ』の魅力について語っていきます。【目次】『スローループ』とは何ぞや『スローループ』の主要キャラクター『スローループ』の魅力姉妹百合をはじめいろいろな百合が見れるひよりと小春が絆を深めるところ釣りに関する知識を深められるひより達が大物を釣り上げるシーンがクール魚料理に関する知識も深められる好きなものに熱中にすることの素晴らしさを実感できるひより達が見せるリアクションの数々最後に 『スローループ』とは何ぞや『スローループ』はまんがタイムきららフォワードで連載している百合漫画。両親の再婚で姉妹になったひよりと小春が釣りを通して仲を深めていく様子が描かれています。 ひよりと小春の両親はもちろん、心優しい友人の恋など、魅力的なキャラクターが作品の脇を固めているのも特徴に挙げられます。話を通して、百合を楽しみつつ、釣りに関する造詣を深められるのもポイントです。『スローループ』の主要キャラクター『スローループ』は魅力的なキャラクターが何人も登場します。作品の主要キャラクターは以下の7人。海凪ひより海凪小春吉永恋福元二葉藍子福元一花宮野楓1人1人簡単に説明していこうかなと思います。・海凪ひより 物語の主人公でフライフィッシングを近所の海で楽しむ女の子です。 同い年の小…

続きを読む

【感想】『裏世界ピクニック』2話~空魚の複雑な感情と八尺様の強烈なインパクトが印象的な回~

『裏世界ピクニック』2話の感想について語っていこうかなと思います。【目次】『裏世界ピクニック』2話の内容『裏世界ピクニック』2話の感想最後に 『裏世界ピクニック』2話の内容『裏世界ピクニック』2話の内容をザックリ説明するとこんな感じです。くねくねを撃退した空魚と鳥子が小桜に出会い、自身の体に起きた謎について話を聞くものの、解決策は分からずじまい。後日、空魚と鳥子は再び裏世界を訪れ、八尺様の脅威に襲われることに。 八尺様にどこかへ連れて行かれそうになる空魚だったが、鳥子の助けにより九死に一生を得る。空魚と鳥子は協力して八尺様を倒すことに成功。その後、空魚と鳥子の目の前には秩父神社が。今回は「八尺様」と呼ばれる都市伝説を題材に話が掘り下げられていました。『裏世界ピクニック』2話の感想2話も1話同様に面白かったですね。特に良かった点はこの辺り。冒頭にあった鳥子の空魚に壁ドンして右目をチェックするところ冴月のことを聞いた空魚が複雑な思いを抱くところ裏世界に行った時の空魚のテンション八尺様のおどろおどろしい姿八尺様を倒した後の空魚と鳥子のやり取り2話が始まって早々、鳥子が空魚に壁ドン!?と感じた自分がここにいる。 綺麗と言う鳥子のセリフを合わせると、告白じゃないかと感じる人もだな… 最初の掴みが強い。空魚が鳥子に冴月のことを聞いた後、複雑な感じになったところも印象的ですね。 声のトーンも相まって、空魚が魅力的に映った。 拗ねた感じが伝わってくる。恋が始まってるなと言いたくなってしまう。本屋で空魚が手にした…

続きを読む

【感想】『赫のグリモア』5巻~グロ・カッコよさ・尊さが凝縮された1冊~

絵を具現化して戦う書の魔導士達の活躍を描いた『赫のグリモア』。今回は『赫のグリモア』5巻の感想について語っていこうかなと。それにしても、5巻で完結というのは寂しいな…【目次】基本情報『赫のグリモア』5巻の感想『赫のグリモア』5巻の核『赫のグリモア』5巻の特典最後に 基本情報タイトル『赫のグリモア』5巻作者A-10(@A10GADGET)掲載誌別冊少年マガジン出版社講談社発売日2021年1月8日ISBN-104065220246ISBN-13978-4065220245配信【ブックウォーカー】etc『赫のグリモア』5巻に収録されている内容は以下の通り。20~25話Bonus Track羽生家との戦いに終止符が打たれる様子が描かれていました。Bonus Trackは風花と眠り姫に関するエピソード。 どんな話が収録されているかは是非その目で確かめて頂けたらなと。『赫のグリモア』5巻の感想グロ・カッコよさ・尊さが凝縮された1冊だった。残酷な描写や戦闘シーンはとにかく見応え十分。 A-10先生、かなり攻めていましたね。あかずきんとかが糸で切断される描写は『鬼滅の刃』に出てくるサイコロステーキ先輩がだな。 こういうこと感じているのはたぶん自分だけかもしれんが、自分はサイコロステーキ先輩が頭に浮かんだ。 5巻読んでると、切断とか腕吹っ飛ぶシーンが頭に残る。後、幸せな王子が玉藻前となった詩枝瑠に攻撃する時、握れば拳、開けば掌といった感じがした。乃恵瑠の痛みが詩枝瑠に響いた気がしないでもない。 肉体的な痛みだけで…

続きを読む

【感想】3分程度で振り返る『装甲娘戦機』1話

『装甲娘戦機』1話を見たので、大まかな内容や感想を語っていこうかなと思います。【目次】『装甲娘戦機』とは何ぞや『装甲娘戦機』1話の内容『装甲娘戦機』1話の感想最後に 『装甲娘戦機』とは何ぞや『装甲娘戦機』はLBXユニットという戦術兵器を身に纏った5人の装甲娘達が活躍するアニメ。世界を蝕む金属生命体、ミメシスを倒すのが主な内容です。原作は『装甲娘 ミゼレムクライシス』と呼ばれるゲームで人気作品である『ダンボール戦機』から派生した作品といった立ち位置になります。 LBXはタイニーオービット社から発売された小型バトルロボット玩具とのことで実際にプラモデルを作った方もいるのではないでしょうか?『ダンボール戦機』を知っていなくても十分楽しめます。『装甲娘戦機』1話の内容『装甲娘戦機』1話の内容をザックリ説明するとこんな感じ。リコが父親のおみやげに買ったLBX福袋の中にあったキットに触れたことが全ての始まり。別世界に転移したリコは装甲娘アサシンとなってミメシスと戦うことに。 ミメシスの強さを前に窮地に陥るリコ。そこへ先輩装甲娘達の姿が。 目の前に起きている現実を前に、リコは戦う決心を固められずにいた。 『装甲娘戦機』1話の感想ありかなしで言ったらあり。装甲娘に変わるシーンや戦闘シーン、登場するキャラクターの可愛さといろいろな強みがある。リコ達の迫力のあるアクションは見応え十分だと思う。オーディンのユイとデクーのキョウカに百合を見出した。 ケンカップルかと感じた自分がここにいる。 息ピッタリだったし。も…

続きを読む

【感想】『裏世界ピクニック』1話~くねくね一狩りしない?~

裏世界を探索する2人の女子大生の活躍を描いた百合アニメ『裏世界ピクニック』。今回は1話の感想について語っていこうかなと思います。【目次】『裏世界ピクニック』1話の内容『裏世界ピクニック』1話の感想最後に 『裏世界ピクニック』1話の内容『裏世界ピクニック』はインターネット上で広まった怪談と百合をテーマにした作品。1話は主人公の空魚(そらを)が裏世界で鳥子(とりこ)と出会う回です。インターネット上で広まった怪談の一つであるくねくねにフォーカスが当てられていました。『裏世界ピクニック』1話の感想1話を見て、思ったのが単純に面白い。作画や演出、百合の見せ方も良い感じに仕上がっていたんじゃないかなと思う。空魚の大学まで押しかける鳥子が可愛すぎた。 大学を検索し、空魚に会う。こっこれが百合の始まりってやつか…もっとも、溺れかけた空魚を鳥子が救い出したところから始まった感はあるけど。鳥子のリアクションがマジで可愛すぎる。見ていて、楽しくなってしまう。裏世界行かない?という鳥子の提案に難色を示していた空魚だけど、空魚に選択肢は無い気がした。大学まで押し寄せてる時点で行くの確定というか、例え断っても何度でもアプローチかけてくるやつだ。後、不安げな鳥子の顔を見たら、行くしかじゃん。空魚を鳥子と共同作業であるくねくねとの戦闘は緊迫感が十分伝わっていたと思う。 くねくねの気持ち悪さが全面的に押し出されていた。くねくねを倒した後は空魚と鳥子の百合で締めという綺麗な流れ。 鳥子が打ち上げ行こうよという提案を聞いた空魚が悪く…

続きを読む

【感想】『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話~HAPPY MARRIAGE~

とある高校で働く女性教師達の恋愛を描いた『羽山先生と寺野先生は付き合っている』。飛鳥さんと沙紀さんが作り出す甘い雰囲気は読み手の心を癒します。今回は『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話の感想と話のポイントについて語っていこうかなと。【目次】基本情報『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話の感想『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話の核最後に 基本情報タイトル『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話作者黄井ぴかち(@pikachi_)掲載誌コミック百合姫2021年2月号出版社一迅社発売日2020年12月18日ISBN4910137390218配信【ブックウォーカー】etc『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話は飛鳥さんと沙紀さんの結婚式の様子が描かれていました。飛鳥さんと沙紀さんの家族はもちろん、宮沢先生や坂東先生達も飛鳥さんと沙紀さんを祝福。『羽山先生と寺野先生は付き合っている』23話の感想読んでいて、幸せな感じになれますね。それと同時に終わりが近いんだなと…飛鳥さんと沙紀さんは幸せだというのは分かった。 ウェディングドレス姿の飛鳥さんと沙紀さんが美しい。ここまでの道のりが長く感じる。 同時にあっという間な感じも。 時が流れるのは本当あっという間ですね。飛鳥さんと沙紀さんが名前を呼び捨てにするところは特に印象的。 2人は恋人から家族になったんだなと実感する。最初から最後まで幸せな気分になれる回だった。 幸せのおすそ分けといったところだろう。後、麻紀がファーストミートを…

続きを読む

【感想】『イケメン女と箱入り娘』2巻~前巻に比べてパワーアップした百合とサプライズがたまらない~

イケメンの女子大生と箱入り娘の女子大生の百合を掘り下げた『イケメン女と箱入り娘』。1冊、1冊のボリュームが大きく、読み応え十分な1冊に。今回は『イケメン女と箱入り娘』2巻の感想と魅力について話を進めていきます。興味のある方は一度チェックしてください!【目次】基本情報『イケメン女と箱入り娘』2巻の感想『イケメン女と箱入り娘』2巻の核最後に 基本情報タイトル『イケメン女と箱入り娘』2巻原作もちオーレ(@konpuudo)漫画majoccoid(@majoccoid)掲載誌月刊comic REX出版社一迅社発売日2020年12月25日ISBN-104758069018ISBN-13978-4758069014配信【ブックウォーカー】etc『イケメン女と箱入り娘』2巻に収録されている内容は以下の通り。7~13話描きおろしエピソードあとがき大まかなエピソードを下に載せておきます。クリスマスの夜、瑞樹が里美に自分が女性であることをカミングアウト。 里美は戸惑いつつも、悩める瑞樹を優しく受け入れる。秘密を打ち明けた後、瑞樹と里美の恋はさらに加速する。今回で完結する『イケメン女と箱入り娘』ですが、1巻に比べてパワーアップした百合やストーリーや単行本に仕掛けられたサプライズで読み手の心を鷲掴みにします。繊細かつ奥深いストーリーや心理描写といくつもの強みが集約された1冊です。『イケメン女と箱入り娘』2巻の感想読み応え十分なのに加え、ドデカいサプライズの連続や豊富なリアクションが印象的。 インパクトが強く、買って良か…

続きを読む

【感想】『紡ぐ乙女と大正の月』1巻が面白かったので作品の奥深さについて考える

令和の女子高生が大正時代の日本にタイムスリップし、様々な出会いと経験をする様子を描いた『紡ぐ乙女と大正の月』。1巻を読む機会があって読んでみたわけですが、面白い上に奥が深い。今回、『紡ぐ乙女と大正の月』1巻について語っていこうかなと思います。 話す内容は以下の通り。『紡ぐ乙女と大正の月』1巻の感想『紡ぐ乙女と大正の月』のどこが奥深いか『紡ぐ乙女と大正の月』1巻で登場した場所のモデル作品に興味のある方は一度チェックしてください!【目次】基本情報『紡ぐ乙女と大正の月』1巻の感想『紡ぐ乙女と大正の月』の奥深さ『私の推しは悪役令嬢。』1巻に登場した場所のモデル最後に 基本情報タイトル『紡ぐ乙女と大正の月』1巻作者ちうね(@yachixxxxxx)掲載誌まんがタイムきららキャラット出版社芳文社発売日2020年6月26日ISBN-104832271997ISBN-13978-4832271999配信【ブックウォーカー】etcストーリーは大まかに説明すると、このような感じ。2019年、主人公の藤川紡(ふじかわつむぐ)が桜川女学校の図書館で謎の見えない写真を見つけたところから全ての始まり。 突然地震が発生し、気を失ってしまう。 目を覚ますと、そこは大正時代の銀座。行く当てもない紡は侯爵令嬢である末延唯月(すえのぶいつき)に救われ、大正時代の桜川女学校へ通うことに。紡は果たして、元の時代に戻れるのか… 時を越えた出会いから始まる百合が今、幕を開ける。テーマは「大正時代の日本」「タイムトラベル」「歴史の目撃者」「エ…

続きを読む